ブログトップ | ログイン

salvage antiques

救われしモノの美しさ…


by roshi
プロフィールを見る

Trinitas 〜 三位一体 〜

b0117875_22545066.jpg
器を変えて未だ楽しませてもらっています。。

b0117875_22551241.jpg


b0117875_22565140.jpgb0117875_2257388.jpg














b0117875_22553580.jpg何と言う事か!。。割れて届いたフランスの古物

頭に血が昇り、直ぐに連絡を入れた。。

先方からは敏速丁寧に対応してもらいました…

配送中での事故による運送会社が弁償するとの事。。

しかしそれはもちろん、

品物と引き換えに代金を返すと言う事なのです。。

お詫びの後、譲って下さった方が

代金をお返し出来る事は幸いでしたが

古物が事故品として処分されてしまうのは辛いと…

大量生産された現行品とは違う

受け継がれ残されて来た古物には代替えなどはありえず

しばらくして冷静になった私は先方に伝えました

そのまま引き取る事にしますと…

b0117875_22592024.jpgb0117875_22593555.jpg













実用性だけではなく、食卓を彩る為に作られたオイルビネガーを入れる為の容器。。
陶器のプレートはCREIL et MONTEREAU…近頃ではクレイユはまるで流行のブランド品の様にもてはやされていますが、コレクターではない私にはどうでも良い事です…でもなんか嬉しいのはいったい??(笑)木、陶器、ガラス…3つの異なる素材がそれぞれの役割を果たし、時を経て、それぞれが良い味になっています。。三物三様が1つの目的の為に合致し三位一体となって出来た道具…三位一体とはキリスト教で、父と子と聖霊が一体(唯一の神)であるとする教理。3つに見えているものが本質的には同じものであり、三者が心を合わせ、3つのものを一つに併せる事を言います。。木、陶器、ガラス。。3つの異なる素材、3つの古物が三位一体の如く、1つの古物としてその魅力を放っています。。
b0117875_22595356.jpg
その後。。すぐに先方から返事がありました。。お客様だけがリスクを負うのはコチラも本意ではないので、代金の一部を返金致しますと。。私が返品すれば先方も痛手が無かったはず。。救うも、売るも、探すも、買うも、古きモノが好きで理解している。。完品である事の奇跡はなくなったが、その傷に残し受け継ぐ勲章が施された様な気がしました。。瞬間接着材によってしっかりと接着。。金継ぎ出来なかった後ろめたさはありますが(汗)面目ない。。
b0117875_2301924.jpg
この古物には残さなくてはいけない理由が存在する。。。

________________________________________________________________________________________________
Commented by mobiliantichi at 2010-01-17 10:52 x
私も今までに宅配の運送時に割れたのが、一回、引越し便で一回、自宅で落して一回、突然ミシミシ割れたのが一回。取替えてもらったガラスのシェード以外は全部瞬間接着剤です。いつかは金継ぎに挑戦したい、と思いつつ、、、、、、。
 ダンボール箱を開けて、嫌な音がして、割れているのを見た瞬間は、頭が真っ白になってしまって、そのあと、歴史を傷つけてしまったと落ち込んで、、、。でもあきらめも早くて、これもこの古物の運命と思うようにしています。
 陶器やお皿は割れるもの、と思っていてもやっぱりお皿などは割ってしまうのが怖くて、ついつい使用頻度が減ってしまって、それはこのお皿にとってどうなんだろう、なんて考えてしまったり。
 古物を持つって言う事はたしかに責任がありますよね。Roshiさんのように素晴しい写真で、その物の美しさを沢山の方に紹介する事ができる方なら、この器はRoshiさんの所に残れてよかったはずですね。
Commented by tamao at 2010-01-17 14:45 x
そうした一人一人の「想い」がかさなって、古物の「佇まい」がなりたつのだと思います。とても素敵なボトルですね。
傷ではなく表情なのだと。。これからroshiさんのお宅ですてきな日々を過ごすことでしょう。
Commented by MICHI at 2010-01-17 16:56 x
roshiさん、こんにちは。
素敵なボトルキーパーですね。これはクレイユでしょうか。
アンティークというのは、欠けても剥げてても染みてても壊れても、
それを愛してくれる人がいる限り、古物としての命が続くのですね。

私も今年のひそかな目標は、金継ぎの初歩を勉強することです。
ともにがんばりましょう(笑)。
Commented by roshi303 at 2010-01-17 20:42
>mobiliantichi さん

こんばんは!
最後の突然ミシミシ…というのが。。(笑)

古いモノなのに現代の便利なモノを使用して直す。。
そこに何か引っかかるものを感じるんですよね、
しかし、今の時代で古物を楽しむ。。そして継承する
それは、古いモノを現代の力で最前を尽し後世へ繋ぐ
最善策なのかもしれません。。100年先の未来の古物商が
19世紀の器を21世紀初頭に接着剤なるもので修復しています。。なんて説明してるかも知れませんしね(笑)
とりあえずは「捨てる」の最悪のケースは免れたわけですから…
と、私も前向きで^^
Commented by roshi303 at 2010-01-17 20:47
>tamao さん

こんばんは!
ありがとうございます^^
これも残されて行くこの古物の物語の一遍なのかも知れません。。
人も古物も同じですね、
歩んで来た経験がその人の懐の深さ、「味わい」となり
魅力的になれるのですから。。
Commented by roshi303 at 2010-01-17 20:56
>MICHI さん

こんばんは、コメントありがとうございます!
はい、こちら陶器の部分はクレイユですね^^

厚みがさほどない陶器のプレートに大きな穴が空けられ
そしてそこにガラスのボトルがカチン!と当たりながら
収まる。。どう考えても長く使っていれば
いつかは割れてしまうだろう。。と想像が着きますね。。
しかし作られて来た理由は耐久力や便利さだけでない
生活を食卓を彩る心が昔の人にはあったのでしょうね。。

金継ぎに挑戦ですか!凄い。。
コツなどをつかんだら教えて下さいね^^
Commented by flowerlivingCAFE at 2010-01-18 15:24
こんにちは^^

痛々しい写真でしたが、古いモノだからこそ傷も味になるのでしょうね。
今回の古物、なんだかroshiさんのところに来てほっとしているように見えるのは
気のせいでしょうか(笑)

モノを大切にする心を忘れてはいけませんね。
Commented by souvenir_undeux at 2010-01-19 00:15
roshiさん コンバンハ!

先日はありがとうございました。
みかんも似合うなんて、知りませんでした。
新しい発見です♪

新しいお仲間の古物さん。
美しいですね〜。
古物も人も傷があるほうが味わい深いのかも? 笑
roshiさんのお部屋にお似合いですね。
Commented by roshi303 at 2010-01-19 08:08
> flowerlivingCAFE さん

おはようございます!
見た瞬間、めまいが。。。(笑)
しかし、今では他にはない個性、存在感を我家で
放っていますよ^^
先日、洋書をめくっていたらコレに似たモノを発見!
私のささやかな楽しみなのですが、オブジェではなく
実際にどの様な暮らしでどの様に使われていたのかを
リサーチしています。
モノへの見方や思いが深まりますね^^
Commented by roshi303 at 2010-01-19 08:15
>shu さん

おはようございます!
こちらこそ、ありがとうございました。

はい、私も傷だらけです(笑)

基本的には古物以外は
なるべく求めない様にしているのですが、
shuさんの手仕事、お人柄があのカゴに移入されて
他の古物達とも馴染んでいます。。
これって、凄い事です^^
大事に使い古して今度は私が良い味を
重ねていきたいと思います!
Commented by miri_rose at 2010-01-20 00:50
roshiさん、こんばんは^^
心待ちにしていたものが破損した状態で届くというのはとても悲しくて
やりきれない気持ちでいっぱいになりますよね。
私も今まで何度も経験してきました。
一番ひどかったのはテーブルの脚が完全に折れていたことですが、
やはり私もroshiさん同様そのまま引き取り、修理しました。
だって同じものにはもう二度と出会えないし、遥かなる旅を続けて
私の元までやってきてくれたのだから・・・。
カタチあるものはいつかは壊れるものだと思っていても、
それが目の前で起こってしまうのはつらいものです。
だから今ここにいてくれることに感謝し、受け継いでいきたいですよね。

木、陶器、ガラスという異なる素材の組み合わせって魅力的!
この佇まいに受け継がれてきた理由がよく表れていますよね^^
Commented by roshi303 at 2010-01-21 20:05
>miri さん

こんばんは!
小物ならまだしもmiriさんが家具を修復してしまう
イメージが。。(笑)
miriさんもやはり古物を愛する人なんですね〜
嬉しいです^^

残されて来た理由を手にして感じる瞬間が
また、古物好きの一番の楽しみでもありますね!
Commented by miri_rose at 2010-01-22 04:55
roshiさん、おはようございます。
さすがに家具は修理できませんよ!
器用な父にお願いしました^^

本物の縁を感じるものってそう多くはありませんよね。
だからお互い古物を愛し、古物との暮らしを楽しみましょうね^^
Commented by roshi303 at 2010-01-22 23:44
>miri さん

こんばんは!
あー、そう言えば、聞いた事ある様な^^

古物との出会いは沢山あれど、
縁を感じるものは確かにそう多くはありませんね。。
人も古物も同じですかね(笑)

はい、楽しみましょう!

不器用な方の父より ^^
Commented at 2010-01-24 23:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roshi303 at 2010-01-25 23:13
>カギコメ さま

はじめまして、
コメントありがとうございます!

リンクの件、ありがとうございます^^
不都合なんてとんでもありません〜
大好きだなんて言われると恥ずかしいですが
そう言って頂ける方がいらっしゃるだけで
なんだか幸せになります。。

こちらもリンクさせて頂きましたよ
これからも温かく見守ってやって下さい^^
Commented at 2010-01-26 13:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-27 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roshi303 at 2010-01-27 23:04
>カギコメ01-26 13:11 さま

こんばんは!
いえいえ。。とんでもありません^^
こちらこそ、ご心配かけて申し訳ございませんでした〜
でも、無事でなによりでした。。

ありがとうございます!
きっと、喜んでいると思います。
私も助けられていたのですよ^^
Commented by roshi303 at 2010-01-27 23:10
>カギコメ01-27 15:27 さま

こんばんは!
おぉ。。実は、どうしているかな〜
などと思っていたのですよ^^(←ほんとに)
元気でしたか?

金継ぎ名人のお知り合いが。。
それは助かります!
意外と我家には陶器の古物が少ないのですが
またこの様な事が起きると思いますので
その時は是非、宜しくお願い致します!
Commented at 2010-01-30 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roshi303 at 2010-01-30 22:23
>カギコメ さま

こんばんは!
その節はありがとうございました。
おぉぉ。。なんだか凄いですね〜
とても心強いお言葉、ありがとうございます!
サイトへ伺いましたが、素晴らしいですねー
私好みの作品です!
by roshi303 | 2010-01-17 00:32 | salvage antiques | Comments(22)