救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
記事ランキング
Reform 16 Nostalgie 〜格子の景色〜
b0117875_1518036.jpg


b0117875_15181749.jpg1月の事、とても安く手にしたイギリスのマントルピース…

当初はLivingでテレビの目隠しとして

壁面に設置する予定でしたが、どうもバランスが悪く

寝室でベッドヘッドとしても使用するも

やはり、なんだがしっくりこない…

ずっと昔から夢見た光景があった。。

それを実現する事はとても困難と思われたが

なんだかんだ言って今までも実現して来た自分へ託して。。

持て余していたマントルピースを窓に設置した。

角材を既存の窓枠に留めて、マントルピースを持ち上げる

よいしょ(重っ)


b0117875_15192718.jpgb0117875_15191232.jpg














b0117875_1520385.jpgb0117875_15195040.jpg













格子の窓から優しい太陽が差し込む。。レースのカーテンが風に揺れて、格子の窓から見える景色を眺めながら紅茶を飲み、本を読む(←本を読まない人)そんな光景を夢見ていました。そして、、、南仏を拠点にするバイヤーさんへ無理を言って2回払いで(笑)手にする事が出来ました。半年間も支払いを待ってもらいやっと発送してもらうも、仕事の都合でなかなか受け取る事が出来ず、運送会社の追跡サービスを暇さえあれば眺めている日が続いてました。そんな折、画面に表示された重量80kがなんだか気になる。。「そんなに重くないでしょ、80kサイズって意味だよな…」などと勝手に解釈。。そして、いよいよ納品日が訪れチャイムが鳴り、玄関前で待っていると運送会社のお兄さんが一人で抱えて運んで来てくれました。「ココで良いですよ」(部屋に上げるのも恥ずかしいし)と伝えると「ココで良いのですか?」と、なんだかその受け答えが気になったのです。。お兄さんが去った後、玄関の扉を開け抱えてみると。。「重っ!」ガラスも入っているし乱暴には扱えないし。。ベニヤ板でサンドウィッチ状に厳重に梱包されたそれは2m近くもあり、なかなか持ち上がらない。。数歩移動する度に「ぜぇーぜぇー」言いながら(さっきの兄ちゃん、脱いだら凄いんだろうな)などと思いながら(あ、私はノーマルです)どうにかこうにか知恵を絞り、玄関に敷いてあったマットに乗せ、滑らせ移動する。。そして梱包の解体もしびれました。【写真左上】マントルピースは宙を浮いていました。。

b0117875_15202947.jpg

b0117875_1521680.jpgb0117875_15205395.jpg












ナチュラルウッドにニス仕上げのアーチトップの格子窓は高さ180㎝…「窓」そう、これは窓なのです。。なので、鉄製の取手を兼ねたスペイン鍵は下部となりました。当初は格子扉を探していましたが、大きすぎて扉は日本の一般的なマンションでは、なかなかサイズが合わない様です。。日本のマンションに設置されているガラス戸はベランダへ抜ける扉でもあり、外の明かりや風を向かい入れる窓でもある事から扉(ドア)と窓の丁度、中間である事のだと今更気がついたりして…なので、窓で良いのです(笑)この格子窓。。きっと大きなお屋敷の沢山ある窓の一つだったのでしょうね。。そして、欧州の古いお屋敷に見られる高い位置に設置された窓からは明かりが上から下へと差したことでしょう。。
b0117875_15212759.jpg


b0117875_15215594.jpg既存の窓枠に角材でフレームを作り

格子窓を立てかける。。

梱包に使用されていたベニヤ板で余白埋め
(貧乏人の知恵)

宙に浮いていたマントルピースの足下の空白を

やはり付属していたベニヤ板と角材で箱をつくり

空白を埋める。。途中、雷雨に見舞われながら

相変わらず作業に没頭。。気付けば夜となり

カップやきそばしか家に無い事に気付き

夕ご飯とする。。食後、フレームを塗装して

その日を終える。朝、ベッドから飛び起きるや否や

格子窓のフレームにワックスをかけ、窓を拭く。。

お昼前に撮影をして昼食をとり、blogへ更新

PCがフリーズ。2回目の更新は上手く行きそうだ…



b0117875_15221763.jpg
このバイタリティー。。なぜ、仕事に生かさない?これで良いのだ、私の久々の2連休。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-07-05 16:23 | room


<< Vaccinium 〜blue... 梅雨の合間のガラス… >>