救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
お気に入りブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
カテゴリ:Bon Chic( 25 )
phytoncide ー 癒しの効能ー
b0117875_18584858.jpg
まとわりつく様な湿度に覆われる今日この頃…そんな日は清々しい空気に癒される森林浴を思い出す。

b0117875_18423210.jpg
この季節にすっかり恒例となった枝モノ「ドウダンツツジ」…その日の気分で部屋のアチラコチラに置いて楽しんでいます。花々とは違い、枝モノに感じるのは、目の前に広がる眺め、風景…お疲れサラリーマンな私が求める他の理由も?

b0117875_18294910.jpg


b0117875_18374879.jpgある科学者の報告によれば、植物を傷つけると

その周囲にいる細菌などが死ぬ現象を発見し

この物質をフィトンチッドと呼ぶそうです…

植物が密集する森林には発散量が多く

その殺菌性と森林の香りの成分である事から

森林浴の「癒し」の効能として知られている…

傷ついた植物の香りに癒されている。。?

ただそういう事だけでなく…

傷ついた体を回復しようとする植物の息吹に

癒しの効能を得る事が出来るのかも知れません。



b0117875_18563419.jpg
フィトンチッドとは、「植物」を意味する「Phyto」と「殺す」を意味する「cide」から作られた造語だそうです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2014-07-13 21:26 | Bon Chic
白い天使
b0117875_21223928.jpg
八重咲きの白いチューリップ…まるで、天使の様にその花弁は白く透き通っている。

b0117875_21225210.jpg


b0117875_2123934.jpg
花を愛でるなら春の花を楽しまなくてはもったいないですよね? 気がつけば、春の白い花々が部屋の中を彩ってくれています。まだ気温の低い日が続きますが、凛とした寒空に生える白い花々は濁りや汚れの無い純粋な美しさを感じます。

b0117875_21232690.jpg


b0117875_21233982.jpg
球根付きの白いムスカリは、まるで親鳥の帰りを待つ雛の様にも見えます。

b0117875_21234932.jpg
春の花、白い花々に春の息吹を感じます。。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2014-02-17 21:42 | Bon Chic
立 春
b0117875_21134410.jpg
古来、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。2月4日は、二十四節気でいう立春となり、旧暦では一年のはじまりは、梅の花が咲き始める立春からと考えられていました。立春の前日、2月3日の節分は、立春が正月なのに対して、大晦日の役割を持ち、一年間の厄払いのために豆まきを行ったのだそうです。日本は、明治に西暦へと改暦されましたが、現代でも正月に「早春」や「新春」と言うのは、その名残りが残っているからなのだそうです。文化が中国より伝わる自然歴に依存しているのに対し、西暦を使用している事の矛盾さがあります…

b0117875_21135111.jpg
最近、温かな日が続きましたが、ここに来て凍える様な大寒波が日本列島を覆い隠し、温かな気温に慣れた体にとても辛いですよね。。そんな寒空の中、ベランダで旺盛に咲き誇る「Gogh」と名付けたビオラに元気をもらっています。

b0117875_21135552.jpg
青と黄のコントラストは冬から春に…季節の節目にも重なって

b0117875_2114087.jpg
終りかけの花を、水に活ければ…滝廉太郎の「花」の。。 ながめを何に たとふべき

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2014-02-06 22:20 | Bon Chic
体感温度
b0117875_2229448.jpg
梅雨もそろそろ終わりに差し掛かりましたが、梅雨が明ければ、今度は本格的な夏の到来となりますね。。

b0117875_223058.jpg
節電も兼ね、(冷房をガンガンにつけて、原発反対!だなんて言えませんよね?)少しでも部屋の中で涼しく感じる為に

b0117875_2230516.jpg
ガラス容器を並べ、そこに水を張り、ベランダの緑を活ければ。。

b0117875_22293960.jpg
体感温度はマイナス5℃。。と、強がってみたり…しかし、今年の夏は危険ですので無理のない様にして下さい^^

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2013-07-05 23:02 | Bon Chic
インテリアがAntiqueである理由
b0117875_21472190.jpg
西洋諸国は年中を通して降雨が少ないため乾燥している代わりに、緯度が高いため日射しが弱い。そのため気温は低く、冬の寒さが厳しい。その為、堅牢な壁を施し、室内に暖炉を配し、熱を外に逃がさない家造りが行われた。インテリアはそのような家を装飾するための手段であり、室内環境の向上を目指したものである。そして、室内と室外は隔離されており、ガーデニングやエクステリアといった概念が登場し、それぞれ独自の発展を遂げた。

b0117875_22515523.jpg



b0117875_2147853.jpgキーワードは、Antiqueと暮らすスローライフ…

偏にAntiqueと言っても裾野が広く

楽しみ方も幾多と多彩ではあるが

インテリアや生活空間への応用は

アイデアとバランス感覚が必要となる。

interior(インテリア)を日本語に直訳すると

室内装飾品という意味であり、

室内の装飾やそれに付随する照明、装飾家具を表す。

インテリアは室内を装飾する品物全般を指すが

その中でも装飾性に特化されたものだけを指す。

また、インテリアは装飾品、什器そのものより、

飾られた室内空間という概念が強い語でもある。

独自の装飾文化を持っていた日本ではあるが

西洋のそれとは大きく異なっていた…

その原因は気候の違いがある。。



b0117875_21465114.jpg
日本の気候は年中を通して温暖湿潤で、夏の暑さを避けるための工夫が施されている。畳張りで、間仕切りには開閉可能な襖や障子が配され、家の中に風がふんだんに通るように工夫されている。また、インテリア、エクステリアといった概念はなく、室内と室外が一体化して一つの家となっていた。日本庭園も建築は庭園を構成するひとつのパーツとして取り込まれている。日本は武家社会に見られた侘び寂びの精神など、質朴なものが好まれる傾向にあり、また、貧しい者らは自宅を装飾する金銭的な余裕もなかったことから、インテリアのような装飾文化は庶民の間では浸透しなかった…

b0117875_22451312.jpg
昨今、日本でインテリア産業が発達した背景には、高度経済成長期を迎えて、生活上のゆとりが発生し、ニーズが高まった結果でもある。バブルの頃は、機能が目的の電化製品、自動車などがステータスシンボルとなったが、これらが充足してくると、次はオーディオなどといった娯楽品と共にインテリアが重要性を増していく…目的は生活環境の向上のため、また個性の主張、生活を豊かにするためのアイテムとして需要が高まっていった事が上げられる。。
b0117875_21473369.jpg
生活を豊かにする為のアイテム…例え西洋化したとしても「侘び寂びの精神」を拭えない理由がそこにある。。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-12-18 23:27 | Bon Chic
subject
b0117875_19571286.jpg
晩秋…どこか物悲しくもあり、人恋しい季節でもありますね。


b0117875_19572073.jpg
人生の価値はお金ではなく、どれだけ共通の価値観を持った人達と出会う事だとある人が言っていましたが、全くその通りだと私も思います。しかし、お金があったに越した事はありませんケド(笑)ネットの普及によって、出会う事など叶わないはずの方と知り合う事が出来たり、ネットだけに留まらず実際にお会いする事が出来たりと文明の利器の恩恵を多大に受けていたりします。物事を主観的に捉えれば、同時に客観的な心理が働くのが道理ではありますが、そんな相反する思考が物事を深く突き詰め思いを巡らせるのもまた醍醐味であったりもします。生まれも育ちも別の環境でありながら、年代も性別も時には国境も越えて、共通の趣味、美意識によって繋がる人と人との輪…本当にありがたいものです。

b0117875_19572725.jpg
8畳1Kの北向きのアパートに人2人とネコ2匹の暮らしから、自力で購入した分譲マンションに夢を抱いてインテリア熱に取り付かれ、どうやったら素敵に暮らせるだろうと試行錯誤している内に10年の月日が流れようとしています。その間、ネットを通して沢山の方と出会う事が出来た事は私にとってはインテリアやアンティーク以上に大切な事である事に間違いはありません。共通の話題でお酒を飲めるのもまた格別ですしね(笑)主観的な私が今、客観的にみれば、決して広くもなく環境に恵まれてもいない部屋でよくもまぁ悪あがきをして来たものだと自分に飽きれたりもしますが…

b0117875_20445920.jpg
それでも、私にとっては特別な空間なんですよね…(頑張れ自分)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-11-20 20:59 | Bon Chic
ending roll
b0117875_22461222.jpg
窓を開けるとき、風に飛ばされない様にアンティークレースを無造作に空いたキャンドルグラスに入れていました。夕日が沈む頃、建物の隙間から最後の光がそれに当たり、偶然にもキャンドルを点したかの様な錯覚を覚える。


b0117875_22455683.jpg
Nostalgieの余韻は、なかなか抜けはしませんが、頭を切り替えて、また来年へと前を見て歩み出す。。


b0117875_2246329.jpg
日が沈み、レースの灯が消えそうになる頃…


b0117875_22462020.jpg
古文書の一文に光のラインが浮かび、終幕した物語りのエンディングロールの様にも見えた。。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-10-29 06:27 | Bon Chic
Hommage 〜 オマージュ 〜
b0117875_848473.jpg




b0117875_22222721.jpghommage(オマージュ/仏)は、

本来、中世ヨーロッパにおける

騎士の臣従礼、ないし臣従の誓いであったが、

いつしかhommageは、芸術や文学において

尊敬する作家や作品に影響を受け

似たような作品を創作する事

また作品のモチーフを過去作品に求めることも指す。

しばしば「リスペクト」と同義に用いられる。

ただしフランス語として使う場合は

他の単語と組み合わせて

「尊敬を込めた作品」の意味で使われることが多く

hommageだけでは「尊敬、敬意」の意味だけとなる。

温故知新…古きを訪ねて新しき事を知る

尊敬の念からなる素晴らしい素材となる。。




b0117875_2261658.jpg
どこかで見た?


b0117875_2255814.jpg
何かで見た?


b0117875_2262668.jpg
世はhommageされた景色の積み重ねであったりもする…


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-10-20 09:17 | Bon Chic
ENTERTAINMENT
b0117875_1735763.jpg
360°見渡す限り山。山々に囲まれた盆地で私は育ちました。


b0117875_17342665.jpg
山に住んでいたわけではありませんが、生活の背景には必ず山が存在していました。山を見て天気を予想し、山より吹き下ろす風、山の色で季節の移り変わりを実感し、山の幸を楽しむ。。毎年恒例となりましたが、仕事柄お盆は仕事でお盆が終わった頃に一泊二日で実家へ帰省する。我家の愛猫もいい歳になった事もあり、長く家を留守に出来ないのが一番ではありますが、毎年慌ただしい帰省です。2日目の朝、父の車を借りて近くの山に出かけました。。


b0117875_1734338.jpg
道の駅では夏休み期間と言う事もあり、沢山の観光客が当地野菜に集っていました。何か新しいモノ、発見、そんなエンターテイメントを求めて来た私たち日本人の価値観は急速的に変わりつつある様です。無いモノを求めるのが人の欲の常ではありますが…。夫の定年退職を期に都心近郊よりこの田舎の地で多くの方達が暮らし始めている事も知りました。「田舎暮らし」の固定概念は「高齢者」の固定概念にも比例して全く変わりました。自然の恵みに感謝しつつ、身形のお洒落も忘れずに、庭に植えたハーブでお茶や料理を楽しみながらお洒落に豊かな時の経過を楽しんでいる様です。。


b0117875_17344083.jpg
車で山道を昇っているとバックミラーに車が迫って来ました。昔の私であれば「この野郎!」←失礼 と言わんばかりに振り切る様に山道を飛ばしたはずですが、逆に哀れみの気持ちとなりハザードを点けながら側道(山道口)に車を入れる。バックミラーで車が先に行くのを見送り薄暗い山道の前方に目を戻す。すると百匹以上はいただろう?カタチや大きさからクロアゲハ?いや良く見ると深い青色の大きな蝶が乱舞している!!木陰の暗い背景が車のフロントガラスを映画のスクリーンの様に…濃く青い大きな蝶が目の前に広がる光景は生涯記憶に残る出来事でした。。


b0117875_17345841.jpg
自然から与えられる「偶然」ほど、人の記憶に純粋に残るものはないかも知れません。その光景は人の滞在記憶となり、思い出す度にあの時の感動を呼び起こす。人の手では到底マネの出来ない自然が与えてくれたエンターテイメント。。



b0117875_17344866.jpg
草花は違えど、今日私が花屋で手にした草花は昨日の滞在記憶にによって作られた光景。。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-08-20 19:38 | Bon Chic
真夏の夜の夢

b0117875_2374613.jpg夏らし過ぎる程に

真夏日が続いていますね、

8月、いわゆる真夏と表現する月

残暑厳しい9月であっても

そこからは折り返す様な感覚で

気持ちは秋へと移行する。。

うんざりする様な暑さも、過ぎてしまえば

どこかしか心寂しく感じてしまうのは

私だけでしょうか?

短い夏、仕事も遊びも大忙しではありますが、

「暑い、暑い」とこぼしながら

夏を満喫したいと思います。

皆様の夏は?

体調管理には十分に気をつけて

暑さを楽しみましょう。。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-08-02 23:27 | Bon Chic