救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
カテゴリ:Cat( 20 )
運命の出会い?
b0117875_18393078.jpg
まだ心の整理がつかない事から、貰い手が現れるまで我家で預かる事にしました。20年以上猫がいる生活を送っていたのですが、Tinaが亡くなってからの2ヶ月間は生活の中にポッカリ穴が空いてしまったかの様で…そんな辛さからまたいつかTinaの時みたいな出会いを心の何処かで祈っていた様に思います。しかし… まだ2ヶ月しか経っていないのに。。                               
b0117875_18393559.jpg

b0117875_18393915.jpg
近付くと「ファ〜」って威嚇したりして、
50㎝以内に近付くと
逃げ隠れしたりしていました。
鼻の頭の傷は…
やんちゃ盛りの勲章ですかね…
野良猫の暮らしを経験している事もあり
警戒心が強いのですが、
好奇心は、その数倍あるのが仔猫の性…
ボールや紐で遊んでいるうちに
私達との距離も日に日に近付きました。
そんな日が過ぎた頃、
引き取っても良いと言う方が現れたと
連絡が入りました。
私の気持を察して「どうする?」って…

b0117875_18394296.jpg
無邪気な姿を見るとTinaの幼い頃と重なり、切ない気持になってしまいますが、数週間の中で私の覚悟は決まりました。「しょうがないでしょ、これだもんね…」尊い命への責任。そして感謝の気持…
4月30日にTinaが旅立ち、丁度その頃に生まれたこの子が、6月30日に我家にやって来ました。。
b0117875_18394520.jpg
Tinaの生まれ変わりだと信じて女の子だと思っていたのだけど… よ〜く見てたのだけど… 
甘えん坊の男の子でした。ちょっと誤算(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

by roshi303 | 2016-08-19 21:03 | Cat | Comments(8)
6月30日 仔猫を保護しました。
b0117875_18455129.jpg
b0117875_18452738.jpg







More
by roshi303 | 2016-08-14 19:27 | Cat
egoism 〜奇跡を願う〜
※画像は文面とは異なります。
b0117875_8351510.jpg
床に就き、意識が遠き始めた頃、tinaのニャー…と言う声が聞こえた様に思えた。「roshiさん! 起きて、tinaが最後かもしれない…」そんな言葉で飛び起きると、ソファーの上で横たわるtina、その横でtaeさんが体をさすってあげている。

b0117875_8353923.jpg
「体が冷たくなっているみたい…」手が斜めに折り曲がったままの状態でぐったりとしている。。時折、涙目で天を仰ぎ「ニャ〜〜!」と叫ぶ声は生まれて来た理由を自問し、一生を顧みている様にも思えた。既に視力も薄れているのかも…

b0117875_8355563.jpg
ヒトもネコも隔てる事なく生まれ死んで行く運命…命の尊さに順位などはない、「ありがとう、ありがとうね」 と 涙ながらに離れた場所からtaeさんがtinaに語りかけている。捨てられていたtinaを見つけた私とtinaとの絆。一番近くで最後を見届ける事は私の責務でもあり、taeさんが私にその場所を譲ってくれているのだと悟った。tinaの額を撫でながら「ありがとう」と語りかける。そんな時間が流れ、折れ曲がった手を直そうとtinaの手を触ると…鳴き声に激しさが増す。

b0117875_836283.jpg
「うん?」 ネコと暮らした事のある方なら察しがつくかと思いますが…爪がソファーにひっかかってしまいtinaはソファーに向かって怒っていただけなのです。。「taeさん…爪がひっかかって怒っていたのでは?」慌ててハサミでソファー生地の端を切り自由の身になったtinaは、偉い目にあったと体をブルブルっとさせた。喉が渇いていたのでしょう、水をグビグビと飲んでいる…そんな様子を見てtaeさんと目を合わせ泣き笑いする。もともと腎臓機能が弱いのにも関わらず悪性の腫瘍切除の手術を行い、術後は良好であったものの、日に日に食欲が減退。獣医からは末期の腎不全で余命はもって一ヶ月と宣告された日から、気持の覚悟は出来ている。朝に点滴、胃薬の入った高カロリーペーストを注入器から無理矢理に口に運び、夜は活性炭入りのペーストを口に運ぶ。捕まえ抑え役の私は、少々嫌われてしまいましたが。。それでも、具合が悪いながらも体調が良い日と悪そうな日があって、その度に覚悟と希望が入れ替わる日々が続いている。

b0117875_8361482.jpg
あの夜中の事件?から一ヶ月近くが経ち、具合が良い日と悪い日を繰り返しながらも体重も少し増え自力で餌を食べたり、部屋の中を散歩する様になったり、私のベッドの上で横になってリラックスして寝ている姿を良く見かける様にもなりました。延命処置の是非は賛否両論ではありますが、最後は少しでも苦しまずに穏やかに過ごしてもらいたい…と願いたいものです。受け入れがたい運命に反した家族のエゴイズムは奇跡へと転換できるのだろうか…<tina17才>
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2015-05-23 11:20 | Cat
tina
b0117875_20522146.jpg
       ご心配して頂きありがとうございます。tina15才元気にしています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2014-10-09 20:56 | Cat
Always With You…
b0117875_22461852.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2014-09-01 22:49 | Cat
Leon
b0117875_23481394.jpg
1月5日、Leon 一周忌

b0117875_2333426.jpg
久しぶりに登場してもらいましょう!

b0117875_23295854.jpg
色素が薄いロシアンブルーのLeonの瞳は宝石の様なブルー

b0117875_2330998.jpg
血気盛んな頃のLeonは本当に男前でした。(5才位かな?)

b0117875_23332131.jpg
そんなLeonも幼い頃はこんな感じで…
北向きの1Kの狭いアパートで暮らしていた時にLeonは家族になりました。(時計はアンティークではありません)

b0117875_23302135.jpg
見た目と違い、凄くおっとりで…

b0117875_2329427.jpg
いつまでも愛して止まない

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2014-01-05 23:59 | Cat
Companion animal 〜 伴侶動物 〜
b0117875_23293957.jpg
ペットを飼うことで、飼い主は癒し、孤独感の解消などが得られる。また、愛情や思いやりの心などが育つなどの情操教育の効果もあり、ペットは広い意味で飼い手の人生の質の向上に貢献している。日本の2人以上の世帯で48%が、何かしらのペットを飼っていると言われ、割合は犬が半分以上、次が猫、鳥類などが続く…。今日のペットは、家族としてパートナーとして仲間として、人の暮らしに密接に関わり共生する様々な面を持った存在であると言って良いでしょう。。
b0117875_233376.jpg


b0117875_21193050.jpgペットの歴史は古く、

ネコは古代エジプトの時代から

現在のペットのような位置づけや、

鼠の駆除などの実用目的で

飼われていたことが推測されている。

また犬に関しても、太古の昔から、

実用と愛玩目的も兼ねて飼っていたことが推測されている。

ペットは人間の日々の生活にかかわりのある動物なので、

人間の生活サイクルに対応できる動物が好まれ、

野生動物とは異なって

人間との相互関係の中で生活している。



b0117875_2247875.jpg



b0117875_21171287.jpgゴリラの「ココ」の話しをご存知でしょうか?

心理学者のフランシーヌ・パターソン博士によって手話を教わり

単語を繋げて人間と会話が出来る最初のゴリラとなりました。

博士から 幾つもの絵本を教わりお気に入りは「猫」の物語。

誕生日プレゼントは何がイイ?と、ココに手話で訊くと

ココは、「猫がイイ」と答えます。

博士は戸惑いそして猫の人形をココにプレゼントします。

しかし「コレじゃ無い。猫が欲しい」と訴えました。

思案の末に3匹の仔猫をココに見せると

自分と同じように尻尾が無い、一匹の仔猫を選びます。

仔猫は、All Ballと名付けられます。

ココは大きい体で、優しく仔猫をかわいがります。

仔猫も安心しきってココの腕の中で寛ぎ

本当の親子のような細やかな愛情生活が始まったと言います…


b0117875_22551965.jpg
しかし、仔猫のAll Ballは交通事故で亡くなってしまいます。その事を手話で伝えると、ココは手話で自分の感情を表します…Bad Sad Bad Frown Cry-Frown Sad(悲しくて、悲しくて 辛くて)と…悲しみにくれ一人になったココは、いつまでも建物の外まで聞こえる程の大声で涙を流して泣き続けたと言います。我家でもLeonが亡くなり3ヶ月が経ちました…

b0117875_23161132.jpg
遠い昔の事の様で、一緒に暮らしていた日々がまるで夢の様にも思えます。共に暮らした日々と、かけがえの無い思い出に「ペット」と言う表現に違和感さえも覚えます。。ココもまた同じに、ペットを失った悲しみではなく、頭では理解する事の出来ない心の悲しみと虚無感…。築き上げた相互関係決別は、何事にも代え難く、辛く切ないモノですから…

b0117875_17321571.jpg
加齢による猫の大半が腎臓不全で亡くなります。。Leonもまた同じでした…容態が急変し、辛い姿を見ると、いても経ってもいられず、藁にも掴みたくなるものです。夜間の緊急病院のICUで呼吸が楽そうだったので、退院したら少しでも我家で楽にしてもらいたいとレンタルで頼んだペット用酸素ハウス 動物病院のICUと同じ濃度の酸素を維持してくれます。それと奇跡を願い頼んだのがH40ペットウォーター しかし…結局Leonは生きて我家に帰る事は出来ませんでした…
b0117875_1821563.jpg
2月、今度はTinaが急に水を多く飲み始め、食欲もなくなってしまいました。Tinaも今年で14才、まるでLeonの症状と同じ様にも思えました。その時に、Leonに飲ませてあげる事の出来なかったH40ペットウォーターを試しに与えてみたのですが、それから徐々に食欲も増え始め、水を飲む量も減り、今は元気に過ごしています。偶然なのだと思いますが…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
所有物扱いのペットと言う呼び方に対し、生活して行く上での伴侶などとする、密接な関係を人間と持っている動物をCompanion animal(伴侶動物)とも表現される様になりましたが、まだ何か違う様な気がするのは私だけでしょうか?
by roshi303 | 2013-04-16 19:16 | Cat
13年越しの…
b0117875_2314564.jpg
晩年、寝ている事が多かったから、いなくなってしまっても、「ゴハァーン」って鳴きながらふいに姿を現しそうな気がしています。寝起きて、キッチンでコーヒーミルをガリガリしている時や、ベランダから部屋に戻るとき、お風呂から上がり浴室の扉を開けるとき、気付くと目の前を歩いていたから…火葬される時は涙が溢れたけれど、骨となり、骨壺に入れられたLeonはLeon…不思議と穏やかな気持ちへと変わりました。あの鳴き声や、姿は見る事は出来ないけれど、姿は変わってしまったけれど、これからもずっと傍にいられる喜びと、数えきれない思い出に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、沢山の方がLeonの事を気にかけて頂きまして、この場を借りて御礼申し上げます。そして、もう一匹…Leonが我家にやって来た2年後に拾ってきたTina。。残念ながら二匹は仲が悪かった?ので、13年越しでとうとう自分の時代がやって来たかの様に悠悠自適でございます(笑)でもね、アナタにはこれからダイエットして頂きますから。。ご覚悟を…

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いつも寝ているとLeonに追い出されてしまった籠ベッドでぬくぬく…(でもね、ちょっと寂しそうなのは気のせい?)
by roshi303 | 2013-01-12 23:45 | Cat
一足お先に…
b0117875_22391037.jpg
一足お先に逝って待っています…。「皆さんアリガトウ」


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1月5日未明 15才
by roshi303 | 2013-01-05 22:46 | Cat
Bonjour
b0117875_21221687.jpg
  最近、寝起きにまず見る光景です。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-11-24 21:29 | Cat