救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
お気に入りブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
カテゴリ:Napoléon III Style( 5 )
Eugénie, Impératrice des Française
b0117875_23182540.jpg
<侍女に囲まれたウジェニー皇后/Winterhalter画>


b0117875_2304498.jpg父親譲りの勇敢さと彼女の美しさの評判は

フランスだけではなくヨーロッパ各国へと伝わり

各国の王侯貴族から求婚されるが

全てを断り続け、鉄の処女とも呼ばれた…

エリゼ宮の舞踏会で未来の皇帝と出会った彼女は

1853年1月30日、ノートルダム大聖堂で

ナポレオン3世と結婚式を挙げる。

玉座からの演説において、ナポレオン3世は

公式に彼自身の婚姻を発表した…

「朕は朕のことを知らない女性よりも、朕が愛し、

尊敬できる女性を望んできた、

彼女によって同盟は、いくらの犠牲を混ぜつつ

優位を有し続けることになるであろう…」と



b0117875_22314837.jpgウジェニーの美しさ、気品とマナーの魅力は

皇帝支配の輝きに貢献した。

ウジェニーの貴族的気品、ドレスの豪華さ及び、

伝説的な宝石に数え切れない絵画、

特に彼女のお気に入りの画家

Winterhalterによって記録されている。

また、マリー・アントワネットの生涯への興味によって

ルイ16世の頃に人気があった新古典様式の家具と

インテリアデザインが宮廷の装飾に多用された。

chic(シック)という表現はウジェニーの宮廷や

第二帝政を表現する言葉であったと言われる。

ウジェニーはマリー・アントワネットの肖像画や

遺品をコレクションし、展覧会も開き成功したが、

悲劇の王妃に傾倒する皇后を心配する人々もいた…。



b0117875_2303176.jpg
美しい横顔の女性のメダイは、石膏とは明らかに違う印象の滑らかさと硬度、その質感が女性の清潔感を際立たせています。ただそれだけに魅了されて手にした分けですが、刻印にあるJ.PEYRE.F/E Niewerkerke を調べて見ると。。J.PEYRE.Fはセーブルのポーセリン彫刻家で、E Niewerkerkeは、博物館の館長であることが分かりました。その事から、創立以来一貫してフランスの文化と美を伝える優れた陶磁器の生産をし続けているセーブルのポーセリン(磁器)製のメダイで、1864年、飾り額としてナポレオン3世とEugénie(ウジェニー)の対で作られたメダイだと言う事を知る。。

b0117875_23562564.jpg
ルイ16世様式にみる新古典主義は、その時代の王妃であるマリーアントワネットの趣味趣向、美意識によって形成されたとするならば、ルイ16世様式ならぬアントワネット様式であり、私の好みでもあるナポレオン3世様式もまた、ナポレオン3世の皇后Eugénie de Montijo(ウジェニー・ド・モンティジョ)の美意識によって作られたウジェニー様式と呼んでも良いのかも知れません。そんな思いに馳せながらウジェニーのメダイを眺める…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ところで、対で作られたナポレオン3世は何処に?
by roshi303 | 2013-11-03 08:23 | Napoléon III Style
Napoléon III Style の 鏡
b0117875_21281143.jpg
空間に奥行きをもたせたり、窓の変わりに部屋を明るくする効果を持つ「鏡」


b0117875_21281822.jpg
常に姿が見える位置に置くと疲れてしまいますが、鏡は姿を映すだけではなく、インテリアとしても様々な役割を果たしてくれる様です。壁にかけたのは、19世紀末のフランスに見られる細かな黒のレリーフが施された極限的なナポレオンⅢ世様式の鏡です。経年劣化によってフレームの角の装飾が欠け、裏側の留め板が反り、鏡は白く腐食していたりと、本来の鏡としての機能を果たす事は出来ないかもしれませんが…「鏡」というモノとしての概念と、それでも微かに機能する特性が、新しい鏡には表現する事の出来ない雰囲気を、その置かれた空間にもたらせてくれる様に思えます。。

b0117875_21283156.jpgb0117875_2128399.jpg












Japonisme に見られる様に、ただの鏡ではなく、この鏡に魅了されるのは必然だったりする?
b0117875_21285292.jpg
鏡に「映る」という現象は、古来極めて神秘的なものとして捉えられた。。鏡の面が、単に光線を反射する平面ではなく、世界の「こちら側」と「あちら側」を分けるレンズのようなものと捉えられ、鏡の向こうにもう一つの世界がある、という観念は世界各地で見られます。取り分け古い鏡には、長い年月を遡り、そこに映し出されて来ただろう数々の景色や物語を感じて…今そこに映っている姿が、母親が幼い子の姿を見る様な優しい眼差しにも重なったりもします。。

b0117875_2129615.jpg
古い鏡を怖がる人がいますが、怖さも美しさも長い年月の中では、実は同一であったりもするのです。。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2013-03-19 23:14 | Napoléon III Style | Comments(4)
La mariée d'antan 〜 古き日の花嫁〜
b0117875_22141290.jpg
ナポレオンⅢ世様式の黒いフレームにドームガラスがはめられ、中にはタフタで作られたコサージュが飾られている。。


b0117875_22142019.jpg
タフタ(taffetas)とは、平織地に横畝のある薄い絹織物の一種で、名前はペルシア語で「紡ぐ」あるいは「撚糸(ねんし)で織った」を意味した「taftah」に由来する。。一方、コサージュ(corsage)とは、女性がドレスや衣服に着ける花飾り。コサージとも呼ばれ、生花あるいは紙・布製の造花、リボン、チュールから作り、慶事の服装を引き立たせるために肩・胸部・腰部などの胴部、手首に着用する。この様に額装されたコサージュには特別な意味合いが込められている事が多く、そのほとんどが、結婚式で花嫁が身につけていたものをこの様にして飾られていた事が多い様です…。


b0117875_22143212.jpgb0117875_22144255.jpg













b0117875_22145229.jpg
裏に貼られた新聞紙に記された年号と、取り付けられた金具の形状から1800年代後期のものではないかと思われます…


b0117875_2215232.jpg
その後の年月と共に、あの日の晴れ姿に思いを馳せる…ある古き日の花嫁の物語りに。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2013-02-26 17:59 | Napoléon III Style | Comments(6)
黒 の 狂詩曲 ~ Japonisme ~
b0117875_23163620.jpg



b0117875_22521971.jpg19世紀のフランスを中心としたヨーロッパ各国では

オリエンタリズム(東洋趣味)から生じた

ジャポニズム(日本趣味・日本心酔)がブームとなり

黒船来航により開国したての日本への興味も相成り

日本の美術品が持て囃される様になる。

ジャポニスムは画家を初めとして

作家・詩人たちにも多大な影響を与え…

特に浮世絵版画は熱狂的に収集される事となる。

漆器もまた、ポンパドール夫人をはじめ

マリーアントワネットなどらも収集しており

ナポレオンⅢ世、当時のブルジョワジーもまた

金彩が施された日本の高価な漆塗りの工芸品を好み

いつしか漆の「黒」は19世紀末のフランスにおいて

家具や日用雑器にもインスパイアされる事となる。。





b0117875_2252912.jpg
日本人が19世紀のフランスのアンティークに魅了されるのは、必然だったりもする。。


b0117875_22523375.jpg
そして、Cul Noirの器を私が甘栗入れに使っているのも当然だったりもする?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨今、日本の漫画やアニメがフランスなどで人気を博しているが、それを「現代のジャポニスム」と呼ぶそうです。
by roshi303 | 2012-12-11 09:25 | Napoléon III Style
少女の肖像画
b0117875_7163083.jpg
木製の枠に石膏のレリーフ細工を施し、黒塗りされたフレーム…金彩の内枠、中には少年の様な少女の表情をしたダゲレオタイプな写真。。手彩色を施した少女の肖像画が厳格な美しさをたたえる19世紀のナポレオンⅢ世様式のオブジェ。。


b0117875_23411174.jpg



b0117875_23423215.jpgダゲレオタイプ(daguerréotype )とは…

ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明され

1839年8月19日にフランス学士院で発表された

世界最初の実用的写真技法であり

湿板写真技法が確立するまでの間

最も普及した写真技法であり

銀メッキをした銅板などを感光材料として使うため、

日本語では銀板写真とも呼ばれる。

撮影した銀板を水銀蒸気にさらすことによって

目に見えなかった撮影済みの画像を

目に見える画像にすることができ

露光時にできた銀の場所に水銀が作用して

水銀アマルガムを形成することによって

像が浮かび上がるのだそうです。。

ダゲレオタイプを完成させたダゲールは

高名だった科学者・芸術家にダゲレオタイプを見せ

発明を世界に公開するというアイディアを思いつき

特許をフランス政府が買い取り

ダゲレオタイプは誰もが使えるものとなった。


b0117875_717911.jpg
時代背景…その時代の豊かさを表した肖像。。

b0117875_2304091.jpg
科学が生んだ芸術の領域とも言える19世紀の少女の肖像画は、微笑みを浮かべながら神秘的な美しさを放ち続けている…


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-03-06 07:30 | Napoléon III Style