救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Reform 18 ②ー2cuisine 〜(ガラス越しの空)〜
b0117875_2331173.jpg
水面に浮かぶ落ち葉…水面に映る青空、そして、雲。。

b0117875_233436.jpg
透明なモノを通し見る景色に無常を感じるのは、切り取られた時の経過、目に見えても触れる事の出来ないもどかしさ…

b0117875_2335475.jpg


b0117875_234676.jpgグレモン錠の窓に自作で扉を作り

連結、分離が出来る様にしました。

窓は扉として、扉は窓として…

LivingからKitchenへ、

KitchenからLivingへ…

行き来の多い、出入りが楽しくなりました。。

自作の扉をペイントするか、装飾するか?

今は、イメージが湧かないので

しばらくはこのままにしておこうかと思います。

枯れた木肌を感じるシャビーな窓は

無色の木肌を優しく受け入れてくれる様な気がします…


b0117875_2342168.jpg


b0117875_2344448.jpg
分譲時に敷かれていたクッションフロアの柄が気に入らず長い間、剥がしていたままだったのですが、やはり、タイルがいいなぁ〜とか、無垢材がいいなぁ〜とか。。しかし結局、Livingへの繋がり、クッションフロアが敷かれていた底板の高さを考えたとき、段差が生まれてしまう事はどうにも出来ず。。悩んでいましたが、ネットで良いモノを見つけてしまいましたよフローリング クラッシック邪道だと思われてしまうかもしれませんが、マンションへお住まいの方にはお勧めです。木肌の凹凸もあり、一箱10枚入で、それぞれ木目が違う。。カッターでも切断が出来て、両面テープ付き。。この手のモノは嘘くささがどうしても出てしまいますが、コチラは私もお勧めします。切断箇所が並ばぬ様に本物のフローリングを貼る要領でずらして貼れば簡単に無垢板を貼ったキッチン床が出来上がりました。水に強いのも嬉しい。。

b0117875_2345410.jpg
タイルをピンクに、壁紙を剥がして漆喰を塗って、扉も付きましたが…次は壁に煉瓦貼りを目論んでいたりもします。。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-11-30 22:05 | room
Reform 18 ②ー1cuisine 〜(グレモン錠の窓)〜
b0117875_20414358.jpg
滞在記憶の中にある美しき光景で見た、Franceの古きappartement グレモン錠が取り付けられた窓が並ぶ街並。。

b0117875_20415172.jpg
丁度、1ヶ月前となるNostalgie 〜 Octobre2010 〜で憧れ続けていた窓に微笑まれ、主催者側でありながらもlinoさんからお買い物をしてしまいました…何層にも塗り重なれた窓は長い年月による雨風の浸食によって味わい深いシャビーな出で立ち。。ヒビが入ってしまっているけど、はめられているオリジナルガラスは昔のガラス特有のゆらゆらと反射する。幸いしっかりと固定されている事からワレ落ちる心配はなさそうだ…グレモン錠も油を注せばスムーズに開閉した。。

b0117875_2042071.jpgb0117875_2042819.jpg












b0117875_2042191.jpgb0117875_20422750.jpg











取って付けた様な小さな小さな我家のキッチン。。扉が無かったので、この度グレモン錠の窓を取って付ける事とした…
b0117875_20443964.jpg
窓だけではウエスタンBARの様になってしまう為(笑)窓の裾の下を制作しました。上下を連結、分離が出来る事で、目隠し、防音、防臭、風通し、用度による柔軟性を持つ事が出来る。そして、忘れてならないのは?ネコの出入り…

b0117875_2101487.jpg
ガラス窓によって仕切られた景色は部屋に配された古物のコラージュを映し出し。。

b0117875_210373.jpg
まるで、給湯室の様だったキッチンは、古いガラス窓の一枚によって実験室の様な秘密めいたイメージへと変わる。。

b0117875_20574851.jpg
取り付けられていた蛍光灯も外し、シーリングを設置。。カヌレ型のペンダントライトを吊るした。そして、、、

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-11-26 23:53 | room
日向
b0117875_2365168.jpg


b0117875_2365932.jpg


b0117875_2372572.jpg


b0117875_237189.jpg
日が当たる場所

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-11-23 23:12
et...Nya continue
b0117875_21221694.jpg
友人のnyaさんが活動を再開!今回、私は彼女のDM写真を担当させて頂きました。シドニーペパーミントとも呼ばれるユーカリの香りには癒しのエッセンスが沢山含まれています。緑が恋しくなるこれからの季節に癒されてみては?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ユーカリのワークショップ
by roshi303 | 2010-11-20 21:43 | NEWS
"A SHORT LOVE STORY"

by roshi303 | 2010-11-16 23:59 | You Tube
Flask Bottle
b0117875_2128448.jpg
熟練したイタリアの職人が心を込めて革に命を吹き込んだイタリアの老舗SIR RONDO'S 全てが手工芸の為に同じものがひとつとして存在しない… dead stock だったこの古いSIR RONDO'SのFlask Bottleをある方から頂きました…

b0117875_21271127.jpg



b0117875_21281869.jpg凛とした空。。

空気の色は青みがかり

肌を刺す様な風に

黄金色の葉は舞う。。

赤や黄色が織りなす絨毯に

足を止め、足下を覗けば

無数に転がる希望の欠片。。

両手で救い上げ

路傍へそっとそっと移す。。

フト、見上げれば

太陽は冷たく光を放ち

散り行く落葉樹を照らす。。

冬の気配を感じながら

赤い森へと誘う



b0117875_2128318.jpg
枯れ枝集めや木の実拾いが楽しい季節ですネ、休日に体が温まるお酒をポケットに忍ばせて、森へとお出かけなさい。。

b0117875_21285347.jpg
この冬、アナタの部屋に森で見つけた希望の欠片が増えていたらとても嬉しく思います。。

b0117875_21512250.jpg
冷たい季節だから、、、温かい…

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-11-14 22:20 | Style
Baroque 〜歪な美しさ〜
b0117875_832416.jpg


b0117875_22302974.jpg


b0117875_22311012.jpg歪な真珠を指すBaroque…

Baroque(バロック)とは

ポルトガル語のbarrocoから来ている

良く知られているBaroque美術は、

16世紀末から18世紀初頭にかけ

ヨーロッパ各国に広まった様式

意図的にバランスを崩し

動的でダイナミックな表現が好まれた

ルネサンス後期の美術様式として

後世に名付けられた。。

元々は「再生」を意味するルネサンスは

「美」を追求する事で、美の理想となるが

いつしかその美しさの影(Baroque)に

不完全である事の美しさを見出したのだろう…


b0117875_2238040.jpg
昨年、pinbadge syndrome?と名付けられた展示会へ tmh.sleep を訪れた。扉を開けると直ぐにMatrix(生み出す)を思わせるガラスケースの中にBaroqueパールがベルベッドの台座に鎮座していた。プロローグの始まり…、シフォンのレースをくぐり、足を進めると黒い布に覆われた舞台が待つ、その上に並ぶのは…ガラス、珊瑚、Gold、そしてBaroqueパール多種多様な素材で作られたピンバッジが番号の書かれたカードを添えられ並んでいた。圧巻だ…あまりにもの美しい光景に息を飲み、立ち尽くしてしまったが、親しく話しかけてくれる古田氏と言葉を交わすうちに我に戻る…

b0117875_22305496.jpg



b0117875_22471928.jpg今までも、これからも

身につける事など

ないだろう。。

そんな風に思っていた

しかし、私の固定概念は

あっけなく崩れ去る。。

古田氏から教わる美意識

生体から作られた宝石には

生き物の持つ歪な輝き

Baroqueな美意識。。


b0117875_2237039.jpg
海の時代へと遡れば。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-11-09 01:22 | Style
Nostalgie 〜 Octobre2010 〜
b0117875_836080.jpg
Nostalgie 〜Octobre2010 〜

b0117875_836714.jpg
ちょうど一週間前に開催されたshuさんの個展 Nostalgie 〜Octobre2010 〜は台風チャバの影響で生憎の悪天候〜雨風激しく降る最悪の環境下ではありましたが、沢山の方々がご来展頂きました。この場を借りまして「ありがとうございます!」昨年はインフルエンザ騒動、今年は台風と、何かが起るイベント(あまり歓迎はされませんが)笑 として定着されつつあります…今回より参加されたlinoさんの古物もNostalgieをよりノスタルジックに演出してくれました。。

b0117875_8404739.jpgb0117875_8405679.jpg














b0117875_84181.jpgb0117875_842720.jpg













今回私が出品させて頂いたのはコチラです。作家活動をしているわけではない私ですが、shuさんの個展へ参加させてもらう事で沢山の出会いを頂きます。「いつもblogを楽しみに拝見させて頂いております!」などとお声をかけて頂く事はとても嬉しくもあり、恥ずかしくもあり…ついつい照れ隠しでジョークを連発し、場を和ませようとしてしまう私はまるで道化師の様であり、後で反省する事が多々あります(笑)そこに立つ私なのか、心で打つこのblogが本当の私なのか?
b0117875_8372069.jpg
友人のnyaさんからは素敵なリースが届けられました。。彼女のブケやリースにはいつも「はっ」とさせられます。。残念ながら実店舗はcloseされてしまいましたが、只今、フラワーデコレイターとして活躍中。

b0117875_8373170.jpg
全てを包んでしまう様なshuさんの人柄…

彼女から生まれた作品は、

残され受け継がれた

アンティークに似た

Nostalgie(優しさ)に満ちている。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カレンダーを申し込まれた方へ
by roshi303 | 2010-11-07 09:49 | event
wunder

by roshi303 | 2010-11-06 07:45 | You Tube
demi Fleur …輝き…
b0117875_6435230.jpg
時の経過とは… 日が昇り、日が沈む事と似ている。。

b0117875_644024.jpg
過去は輝きを放ち、その光景に目を細めれば、微かな風(時)が優しく肌を撫でながら通り過ぎる。。

b0117875_644993.jpg
存在し続けると言う事は、輝きを放ち続けると言う事…

b0117875_722372.jpg
なぜなら日は幾度と昇り続けるのだから。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2010-11-05 07:16 | flower file