救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Tulbaghia 〜 闇の誘惑 〜
b0117875_21335524.jpg
今月もnyaさんからお花が届きました。なんとも馨しい芳香を放つTulbaghia(ツルバキア)


b0117875_21364173.jpg
Tulbaghiaの花言葉は「残り香」。。


b0117875_21372566.jpg
その甘い香りは…今までそこに居たあの人の存在を教えてくれる。。


b0117875_2138759.jpg




b0117875_21382381.jpg心地よくうっとりとした気持ちにさせる

南アフリカ原産のTulbaghia(ツルバキア)は

18世紀オランダの植民地時代に

オランダの喜望峰の総督であった

R.Tulbagh(ツルバグ)の名前に由来する。。

昼と夜で香りが違うこの花は

昼間は、ヒヤシンスに似た馨しい香りを漂わせ

蜂や蝶を呼び寄せ。。

夜に強く香るのは、焦がし砂糖…

ハチミツの様な甘い香りを放ち

蛾などの昆虫を呼び寄せる。。

夜香性のTulbaghiaの香りが意味するのは?

闇に隠された魅惑なのか、それとも

Tulbagh(ツルバグ)を例えた甘い罠なのか。。





b0117875_2139487.jpg
水に活けられたガラス越しに見える茎がとても綺麗だと思う。。



b0117875_21391814.jpg
目が利かぬ、闇に漂う甘味な香りは… 誘惑の予感。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  et...Nya continue
by roshi303 | 2011-02-27 23:21 | flower file
漁師 の panier
b0117875_2113795.jpg
風が強く吹けば吹くほど、それは季節が移り変わる証拠…風が止んだ時、穏やかな日差しの温かさに気付く


b0117875_21135274.jpg
春を待つ、ネコヤナギは湿気のある川沿いに生えている。早春の降雪や寒風の中、銀色に輝き春を待つひたむきな姿に自分を重ね、応援したくなってしまいます…。フランスの漁師のpanierを添えてひたむきな成果を待つ事にしよう。。。

b0117875_8152470.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-26 08:16 | salvage antiques
Butter Plate
b0117875_058229.jpg
木を削り出し作られた道具は、人類が最も古くから使われて来た道具なのかもしれない…


b0117875_0584334.jpg
イギリスから連れ帰ったこのバタープレートは、裏面がストライプに削り出されています。2枚一組でバターを練り、油脂の余分な水分をとって風味を良くしたり模様をつける為であったり、その模様によってバターを塗る時の取りやすさであったり、表面の乾燥を抑える効果など…道具には見た目だけでは無い、様々な意味合いがあるものなのですね…



b0117875_112744.jpg
私は、この木のtoolを小振りなCakeをサーブする時に使用したりパンを乗せたりと、本来の目的とは違う用度で使用していたりします…木製のtoolは割れる事が無く、なんだか気兼ねない安堵感を与えてくれる古き友人と重なります。。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-25 00:53 | salvage antiques
春の再来。。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



まだまだ風は冷たくもありますが…確実に季節は移ろい、春の兆しを肌で感じますよね。。私の休日は変則的であり、なかなか友人達との約束も出来ず、計画も立てれません。。そんな事から休日は1人で散歩という日がしばらく続いておりますが、それでも青空の中での散歩は気持ちが良くて、春の再来を感じつつ空を見上げればついつい頬が緩んでしまいます。。そんな平穏で静かな日には、柑橘のデセールとシャンパンを楽しみながら休日の余韻を楽しむのも一興
b0117875_736998.jpg






b0117875_7353353.jpgWilliam Adolphe Bouguereau

(ウィリアム・アドルフ・ブグロー)

フランスの画家

ラ・ロシェルに生まれる。

19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家で

神話や天使、少女を題材とした絵画を多く残した。

甘美で耽美的な彼の画風は

当時の人々の好みに合ったと見られ

生前は彼の名声が非常に高かったが

20世紀以降、さまざまな絵画革新運動の勃興とともに

ブグローの名は次第に忘れられていった。。。

再評価される様になったのは20世紀末のことである。

1886年に描かれた「春の再来」は

彼の甘美で耽美的な画風に感じる

「春」を色濃く感じる代表的な作品であり

生活を芸術化して官能の享楽を求めた耽美主義にみる

「美の為の美を追求する」春の再来に癒される。。





b0117875_7431688.jpg
一足早い春の再来を感じさせてくれたチューリップは、春の歌を口ずさみ。。





b0117875_7415492.jpg
いつの間にか、目蓋の中に春の情景は広がっていた。。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-23 23:30 | Bon Chic
ニャン x 3 ~tina編~
たまには志向を変えて(笑)2月22日はニャンニャンニャンで猫の日。。と言う事で我家のニャンズのベストショット特集!まずはプライドが高くCool…稀に甘えん坊。。ツンデレな彼女に飼い主はノックアウトのtina♀さんです。
b0117875_22213850.jpg




b0117875_2222038.jpg




b0117875_22215337.jpg





b0117875_22214579.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

オマケ
by roshi303 | 2011-02-22 22:52 | Cat
ニャン x 3 ~leon編~
2月22日はニャンニャンニャンで猫の日。。我家のニャンズのベストショット特集!第2弾は、写真で見る限りはイケメン…しかし、実はドジで甘えん坊…休日は男同士、いちゃいちゃ禁断な関係のleon♂くんです。
b0117875_22395518.jpg




b0117875_2240452.jpg




b0117875_22401297.jpg




b0117875_22402275.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

オマケ
by roshi303 | 2011-02-22 22:51 | Cat | Comments(8)
Cul Noir の Piché 〜 非日常への水差し〜
b0117875_0332877.jpg
今となっては知る人ぞ知るCul Noir(キュ・ノワール)通称:尻黒と呼ばれる器ですが、それを初めて見た時の驚きと触れた時の感動は今も忘れられません。庶民の生活雑器として使われていたCul Noirは陶器と言うより粘土で作られたテラコッタ(土器)に近い材質から作られたと思われ、通気性、吸水性が良い事が食器としては致命的な事から釉薬を厚くどぶ漬けにしたと思われます(あくまで私の推測ではありますが)しかし素材の性質から、釉薬に貫入やヒビが入り易くなってしまう事は避けられず、また土器故に割れ易い…それ故、分厚く成形して作られたのがこのCul Noir独特のフォルムだったのかも知れません…また土器は保温性にも優れ、電子レンジやガスコンロなど無い時代に窯で料理を温めたり調理する事にも合理的だったのかも知れません。中世フランスの庶民の日常を、Cul Noirの釉薬に景色を映し、楽しむ。。


b0117875_032548.jpg
アンティークとまでは行かないが黄金色をしたダマスク織ジャカードのベッドカバーをテーブルクロスにして模様替え…ダマスク織りとは色糸を使わずに模様を織り上げる単色の織物を言い、起源は中国とされダマスクを経由してヨーロッパへ伝わり広まり、布地に光沢があるのが特徴である。ジャカードとは、ジャカード織り機と呼ばれる織機によって複雑な模様の布が機械で織る事が出来る様になり、あの特有のダマスク模様を縫い上げる事が出来る様になりました。。 Damask(ダマスク)はシリアの古い都Damascus(ダマスカス)にちなんで付けられた名前です。ダマスクと聞いて思い浮かべるのは…あのクレオパトラも愛用していたダマスク・ローズだと思います。。ダマスク・ローズの高貴で素晴らしい香りは、今日でも香料やローズウォーター、香水などの様々な原料としても使用されています。クレオパトラがダマスクローズを床に敷き詰めて芳香を楽しんだと言う伝説は…あまりにも魅惑的であり、官能的でありますよね。。


b0117875_034051.jpg




b0117875_033979.jpgとだえなく続く日常。。

避ける事など出来るはずのない現実

日常からの逃避症状なのかも知れない。。

surréalisme(シュールレアリスム)

非合理的なモノや意識下の世界を追求する事で

満たされずにいた何かを埋めてくれる。。

ザワザワとした心の隙間に美意識を配し

断片的な世界を追求し作り上げる。。

不必要なモノが現実を補う

非合理的な現象は。。

人の持つ創造力への副作用なのかも知れません。。

現実を直視する事から逃避した

非日常的な空間は

私にとっての現実であり

心の隙間を優しく埋めてくれる。。



b0117875_2217780.jpg
19世紀のヨーロッパと現代を融合し。。日常に潜む「美」を模索し続ける…


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-19 23:36 | salvage antiques
favori antiquités Vol3 ~Belgianのcafe table...~
b0117875_19274515.jpg



b0117875_19265768.jpgフランスでもイギリスでもない。。

独特の雰囲気をかもしだすBelgianのCafe Table…

13世紀のゴシック様式が色濃く残る街並、Belgiumは

ドイツ、オーストリア、スペイン、オランダ…

強国の支配地となりながら波乱な歴史を辿って来ました。

ベルギー人のひた向きの中で養った逞しさは

可憐である装飾さえにも力強さを感じます。。。



b0117875_19255192.jpg



b0117875_19251617.jpg幸福の青い鳥を求めて不思議な冒険の旅へ

幸福の象徴である青い鳥を探しに行くが

結局のところそれは自分達に最も手近な

鳥籠の中にあった。。。

そして、大事な時にその鳥は逃げてしまう

“どなたか、青い鳥を見つけたら返して下さい。

私に必要なんです"。。。

ベルギーの詩人である

Maeterlinck(メーテルリンク)の

L'Oiseau bleu(青い鳥)には

夢を追い続け過ぎて、身近に潜んでいる幸せを

見落としてはいけない、と教えてくれた。

身近な幸せ(日常)にこそ幸せは潜んでいる。。。

それは誰でもない、自分で気付き、自分で築くこと



b0117875_1924117.jpg
私の鳥籠で幸せ探し。。それは非日常的でありながら日常へ融合する楽しさ、築く事の豊かさ。。


b0117875_19243924.jpg
一つのCafe Tableがベットの横で、リビングの窓際で、ベランダで。。。日常に潜んでいる幸せを演出してくれる。。


_____________________________________________________
by roshi303 | 2011-02-17 07:44 | favori antiquités
NEWS
b0117875_754275.jpg tmh. が参加する

New Jewelry のイベントが行われます。

場所:伊勢丹新宿本店

本館1Fアクセサリー売り場

期間:2月16日(水)~ 2月22日(火)

※デザイナー来店日

2月19日(土)・ 20日(日)

14時 ~ 18時(予定)

ISETAN x New Jewelry


先行限定販売 / tmh.<ローズブレスレット>はroshiさんも1つお買い上げ(誰にあげるかはヒ・ミ・ツ)
by roshi303 | 2011-02-16 08:23 | NEWS
貝殻 ー CONCHIGLIONI ー
b0117875_21185949.jpg
conchiglie(コンキリエ)とはイタリア語で「貝殻」を意味し、パスタでは貝殻の形をしたものを指します。。 コンキリエとは複数形で、単数形はconchiglia (コンキリア)、大型の物はconchiglioni (コンキリオーニ) 、小さなものはconchigliette (コンキリエッテ) と呼ばれる。コンキリオーニは、その大きさを生かし具を詰めて食べるのがセオリー…

b0117875_2119688.jpg
時間を惜しんだ私は…具を中に詰めずに具と絡めて皿に乗せる。食べる時に、具を貝殻に詰めて頂く事にしたのです…


b0117875_21191417.jpg
なぜなら、、殻に閉じ篭めるのではなく、自分らしい料理(時間)を楽しみたいからなのかも知れない。。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-15 22:05 | gateaux