救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
記事ランキング
<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
「己」次第
b0117875_23553477.jpg
陽があたれば日陰が出来るという事、思いやりとはそれに気づく事…


b0117875_23482169.jpg
新しきものは、時と伴に古く色褪せる。廃れるか残されるかは信頼という積み重ね…


b0117875_23542443.jpg
日が昇れば、日は沈む。留まっていても、走っていても一日は終わる…


b0117875_23544624.jpg
そんな事を考えながら今日も一日が流れる…。
流れを止めることが出来ない残酷さ。ただ…流れを激しくするも、緩やかにするも己次第と言ったところか。。。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-29 07:47 | salvage poésie
herb
b0117875_20362894.jpg
優しさという…自然が織りなす効能を得る事が出来る。。

b0117875_2055491.jpg


b0117875_20401261.jpgハーブの種類は、数千種あると言われ

薬効のある植物の総称として知られる。。

ハーブの歴史はヨーロッパの南

地中海沿岸から始まったとされ

遥か昔より健康や美容のために親しまれて来ました。

ハーブの持つ香りや有効成分は脳や血液に送られ

免疫系、ホルモン系、自律神経系に働きかけ

もともと人が持っている自然治癒力を高める

特にハーブの香りの多くにはリラックス効果に優れる

ふと、思ったこと。。

華やかな花々とは違う野性味に溢れた青草に

その存在理由を見出したのは好奇心からなのか

それとも。。人の持つ優しさなのか?




b0117875_20562792.jpg
野生の草木が織りなす景観を美しい…と感じるのは、人が持つ優しさをくすぐるからなのか…

b0117875_203639100.jpg
ハーブの効能は、乾燥させてお茶にして頂いても、そのまま生で食しても、もちろん目で楽しんでも…

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-28 07:28 | flower file
鏡の中のネコ…
b0117875_739572.jpg
ボクらは君たちを映す鏡なんだ
by roshi303 | 2011-08-27 07:44 | Cat
Un Hombre y una Mujer 20 Años Después

by roshi303 | 2011-08-26 08:39 | You Tube
stage
b0117875_2363136.jpg
まな板のステージに心奪われて。。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-24 23:12 | salvage antiques
絵画の中の果実
「絵画」の中の美しさに身を置きたくて、いつも「美しい」の理由を紐解いている私がいる。
b0117875_8112555.jpg



b0117875_8121953.jpgtheory(理論)とは…

理論は蓄積された人の知識が作り上げる思想

space(空間)…

空間には絶対空間と相対空間の2つが存在する。

絶対空間は、

モノの存在に対して生まれる、無限の広がり

相対空間は、

モノの存在に対し生まれた、位置相互にある距離

spaceをtheoryに置き換えれば

絶対空間は蓄積(記憶)/相対空間は思想(時間)

別々の場所から、各々の時間を経たモノが

私のatelierで同じ時間を共有する。。

古き良きヨーロッパを再現したのではなく

蓄積された記憶が思想を生んだ私のtheory…




b0117875_8202989.jpgb0117875_8205031.jpg














b0117875_8213016.jpgb0117875_8214629.jpg














b0117875_8105750.jpg
太陽の杯と名付けたコンポティエに飾ったのは黄金桃、夏の終わりの桃です。黄桃とは違うのですよ^^果肉は滑らかで上品な甘味です…目で見て楽しんだ後、冷蔵庫で冷やしてベランダで摘んだフェンネルとオレガノの花を添えました。


b0117875_8235343.jpg
絵になるお皿、絵になる果実。自分で描いた日常に潜む絵画の中を楽しむ。。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-23 23:13 | fruit file
Linné  =分類学=
b0117875_0364072.jpg
雷雨も手伝い昨日から過ごし易くなりました…あれだけ暑いとさすがに花を活ける事も出来ずちょっと部屋が寂しい。。


b0117875_0365412.jpg



b0117875_0364624.jpgベランダで生い茂るオリーブをちょこっと拝借

窓を開ければすぐそこにある植物も

部屋の中にただ入れるだけで

その部屋の空気が変わる様にも思えます。。

人と植物の関係は実に多様で

人間と植物の関係は、

生物学で言う食物連鎖上の関係にとどまらず

植物を原料や材料として利用したり

観賞するなど文化や心の豊かさためにも用いている。

巣などを作る材料として植物を利用している生物がいるが

人間の植物の利用の仕方の方がはるかに多様である。

植物は、アリストテレスが意図したような

「動かない生物が植物」という意味合いがあるが

「光合成をする生物」という意味合いもある。。



b0117875_8445683.jpg
Carl von Linné (カール・フォン・リンネ)は、スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者であり「分類学の父」と称される。二名法による分類体系を作り上げた功績はリンネに帰する。リンネは動植物についての情報を整理して分類表を作り生物分類を体系化し類似する生物との相違点を記して、近代的分類学がはじめて創始される。生物の学名を、属名と種小名の2語のラテン語で表す二名法や分類の基本単位である種のほかに、綱、目、属という上位の分類単位を設けた。すべての生物をベシタブリア Vegetabilia 界(植物)と動物 Animalia 界(動物)に分けた(二界説)のもリンネである…
b0117875_0371296.jpg
分け隔てぬ事で得られる解放感と、モノゴトを分類する事で導かれる答え。。

分類をするかしないかは、アナタ次第…


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-20 09:21 | salvage garden
「守る」美しさ…
その場に身を置けば当たり前の様に自然となる。

b0117875_2326569.jpg
小さな村。。その村にはその地を愛し、その村の景色を誇りにもって暮らす人がいる。。不便な事を哀れむ者もいるが、不便だからこそ得られる自然との営み、そして、恵み。。その地を愛した者にしか味わう事は出来ない…

留まる事を恐れ、未だ見ぬ未来の自分への可能性を求め、田舎を後にした…気がつけば田舎で暮らした年月よりこの都会で暮らす年月の方が長くなりました…今の私が感じる事、自然との営みは「守る」事であり都会での暮らしは「攻める」事である。あくまで私の尺度ではありますが…どちらも人生において大事な事だと思います。どちらが正しいか、どちらが大変かと言う問いには答える事は出来ない。ただ、今の私は「守る」強さが最高に格好良く感じてしまうのです…

b0117875_23255690.jpg
"インテリアはそこで暮らす人の滞在記憶にある情景を現わした空間”どこかで見た光景がインスパイヤされ無意識の中で配された家具や小物は滞在記憶にある情景がデフォルメされたモノなのかも知れない。。

b0117875_23261921.jpg
ある日、偶然の光によって、隠された滞在記憶が蘇り、偶然の美だと歓喜する。本当は必然的な出来事なのに。。

b0117875_23262889.jpg
私はフランス人に憧れているわけではなく、都会暮らしに満足しているのではない。。古物を手にするのはそこに「守る」美しさを感じるから。。あの、小さな村の住人の様に誇りを持って生活を営む…古物にはそんな美しさが存在する。

b0117875_23261283.jpg
この景色は確か。。

b0117875_23321214.jpg


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-19 08:13 | room
魔の山へ…
b0117875_233573.jpg
気象の厳しさから標高1,500m付近が森林限界となるために、比較的低い標高でも高山植物が観察でき、首都圏から近いこともあり多くの登山者が訪れている。気軽に訪れる者も少なくなく、急激な気象の変化による遭難が後を絶たない。こうしたところから、谷川岳が「魔の山」とも呼ばれる所以である。。谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山で日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。


b0117875_2331595.jpg
真夏の谷川岳へ訪れたのは初めてでした…私がそこで見たのは「魔の山」の名には似つかぬ光景。。


b0117875_2332636.jpgb0117875_2333886.jpg













b0117875_2335012.jpgb0117875_2335867.jpg













凝り性の父、山野草好きの母。。血は争えない(笑)ゴンドラとリフトを乗り継ぎ標高1500mの天神峠へと着く…展望台で景色を堪能したあと、下りのリフトで天神平へと戻る。下りのリフトで母がリフトから身を乗り出し「あー!トリカブト、ココに1つしか咲いていないのね!」…と、声をあげた。危ないよ(苦笑)天神平まで戻りそこで昼食を済ませた後、私と母は近くを散策する事に。。あれは!あれは?あーあれは!?などと私と母は次から次へと目線を先に動かし、知らず知らずに傾斜する山道を汗だくで、だいぶ登ってしまいました。。間違いなく遺伝していますね(笑)
b0117875_2343127.jpg
鬱蒼と茂る草木の下に身を置けば…そこには小さな花の群生と小さな生き物の息吹。。


b0117875_2342447.jpg
夏の「魔の山」は、優しく私を受け入れてくれました。。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-18 00:19 | salvage garden
planche à découper 〜 旅する まな板 〜
b0117875_23472960.jpg
先日、足を運んだ骨董市で私が選んだのは何を隠そう。。。planche à découper



b0117875_23474378.jpg
planche à découperとはフランス語でまな板の事を言います(笑)


b0117875_23481723.jpg
南仏はプロバンス地方にある、水と水車の街で見つけた「まな板」は、まな板であって、ただのまな板ではない。。



b0117875_2319184.jpgb0117875_23142086.jpg














b0117875_23111015.jpgb0117875_23111895.jpg













それは、その街の空であり、水であり、空気であり、生活道具として一枚板から削り出された「まな板」には、そこに暮らす人の営み、情景がキャンバスとなって映し出される。。そして、それが南仏の骨董市に並ぶまでの過程…それを彼女が手にとり、この日本へと渡り、今、私の下にある。。生活道具が使い捨てられる昨今、それは捨てられる事無く例え朽ちたとしても、きっと人の手を渡り続ける運命を持つ。。それを「旅するまな板」と呼んでもおかしくはないよね?
b0117875_2348783.jpg
フランス人は、まな板を使わず手先で器用にナイフを使い料理をする…このまな板もさほど使い込まれた形跡は無いものの、固く重量のある木質から、逆にこれからも末永く実用する事が出来そうです…オブジェ的に眺める古物とは別の、今の生活道具として営みに潤いを与えてくれる古道具だと言える。。その使い方は自由であり好きな様に使えばいい…


b0117875_23482629.jpg
日の当る場所にテーブルを動かし夏の日射しで料理を照らす…「旅するまな板」に料理を乗せて楽しむのも自由だよね?



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
旅するまな板の故郷の画像はLINO HOME WORKS  より
by roshi303 | 2011-08-14 00:03 | salvage antiques