救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
お気に入りブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
<   2011年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Nostalgie2011〜終幕〜
b0117875_16392781.jpg
澄んだ秋空の下、Nostalgie2011は無事に終幕致しました。


b0117875_16394369.jpg
open時にはギャラリーに入りきれない程の沢山の方々がお越し頂きました。


b0117875_1654858.jpg
Creation作家であられる(勝手に肩書きを変える)shuさん 主宰で年に一度だけ開催する個展Nostalgieは今年で3回目、光栄にも私は初年度より参加させて頂いております。昨年から参加されている Antiquites 素晴らしい目利きでおられるLinoさんそして、今年はゲストとしてfleuriste nyaさんも参加して頂きました。なんの肩書きも無い私が、この素晴らしき才能の持ち主達と個展に参加出来る事は、このblogを続けて来た事に他ありません。人の繋がりって不思議ですね…



b0117875_16505018.jpgb0117875_1651077.jpg



















b0117875_1651187.jpgb0117875_16512872.jpg


















b0117875_16393618.jpg
今年はnyaさんとのコラボで作らせて頂いた花をメインにしたカレンダー。沢山の方からお申し込み頂き、誠にありがとうございました。私の部の予約は本日で終了致しますが、私が撮影した写真をnyaさんがセレクトした“version Nya”の予約はnyaさんのサイトで4日まで承っておりますのでそちらもどうぞ宜しくお願い致します。version Nya

b0117875_1818373.jpg



b0117875_16543012.jpg
この素晴らしき空間での出会い、出来事は、心の中でいつまでも木霊し続ける。。「アリガトウ shuさん」


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-31 07:05 | event | Comments(2)
[NEWS] Nostalgie2011 ~古物は受け継がれるもの〜
Junk&Antiqueもお持ち致します!shopの方に怒られそうな価格設定ですが、気に入って頂ける方のもとへと祈りつつ…
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


b0117875_7375232.jpgb0117875_738129.jpg















b0117875_738144.jpgb0117875_7422871.jpg













---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Junkに近いモノばかりだけど、どれも味わいのあるモノばかりです。
by roshi303 | 2011-10-27 08:01 | NEWS
[NEWS] Nostalgie2011
b0117875_10102320.jpg




b0117875_10143210.jpgFoghorn(霧笛)の音が響く…

懐かしい記憶を感じる街。

Flashback…霧笛の音には

人の心を揺さぶる力が秘められている。

一年の中でたった3日間だけだけど

「Nostalgie」は私たちの滞在意識の中で

映し出され続ける。。

いよいよ今年も巡って参りました、

shuさん主宰とする「Nostalgie」

何年も前からshuさんとは

「いつか、何か一緒にやりたいね…」

などと話していましたが

こうして3年目を迎える事ができ

大変嬉しく思っております。

昨年に続きLINO HOMEWORKSさん

今年はスペシャルゲストとして、

Nyaさんが参加して頂ける事となりました。

ジャンルの違う4人が集まる空間

山下公園のすぐ近く 

インペリアルギャラリー1F



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0117875_1011621.jpgb0117875_10111822.jpg





picture collection 販売致します。部屋に飾った時に景色として融合出来る様Nostalgieに…。いくつか会場へお持ち致しますので実物をみて気に入って頂けたら宜しくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0117875_96079.jpg

カレンダーの販売も致します。3年目を迎え、今年はNyaさんとのコラボレーション!今年は色々大変な事がありましたよね…2012年は花をいつも感じながら素晴らしき年となる様に。。彼女のアレジメント(花)が全面的に楽しんで頂ける様に撮影致しました。個人での委託制作となりますのでどうしても高くなり申し訳ないですが前年同様カレンダーは¥2800どうしてもイベントへお越しいただけない方は別途送料を頂きますが、ご連絡を頂ければ発送致します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コメント欄にカギコメ、もしくはメール → roshibu@mac.com (30日まで)
by roshi303 | 2011-10-27 07:27 | NEWS | Comments(40)
秘密の小箱
b0117875_232447100.jpg
深く進めば進むほど、冬の気配が不安を駆り立てる。


b0117875_23245429.jpg
私しか知らない、決して他の人には分からない物語。。そんな秘密をこの箱に終う事にしよう…


b0117875_2325344.jpg
鍵は開かなくても、閉まったままでも、そこに何があるのかを覚えていればそれでいい…


b0117875_23251325.jpg
箱が開いた時、また物語が始まるのカナ?他の人は知らない…私だけの物語を。。。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-25 23:35 | salvage poésie
塩と胡椒
b0117875_22105629.jpg
強力な殺菌抗菌作用が知られてる胡椒。。冷蔵庫などない中世ヨーロッパにおいて、料理に欠かす事が出来ませんでした。食料を長期保存するために大航海時代に極めて珍重されたそうです。その時代の影響を受けた様々な料理は今日でも変わらず沢山の料理に使われています。塩は。。地球上の多くの生物が塩分が無いと生命を維持することができなく、生命にとって欠かせないものである事が分かります。塩もまた抗菌作用に優れ、胡椒同様に食料の保存に役立ちます。。

b0117875_7335665.jpgb0117875_7341939.jpg













天秤のカタチをした塩胡椒入れは南フランスの卓上で使用されていたモノ…オリーブの木と黄楊(ツゲ)で作られていると思われます。塩胡椒の匙加減は料理を大きく左右する大変重要で慎重な事ながら、毎日の調理の中で繰り返されています。少量でありながら大きな存在感、繊細な塩と胡椒のバランスが料理という舞台を大きく左右します。当たり前の様に卓上に並ぶ塩と胡椒の容器…天秤のカタチは、塩胡椒の匙加減を意味したモノなのかは私の勝手な想像ではありますが…

b0117875_228249.jpg
b0117875_2284190.jpg









b0117875_2285765.jpg









b0117875_229850.jpg









薄味に仕上げた料理に、一口、一口分の塩胡椒をふるう…

b0117875_22172929.jpg
合理的に考えれば鍋の中で味を調えてしまえば良いのだが、あえてその手前で皿に盛る。一口、一口の味はその都度その都度の一摘みの塩胡椒の微妙な匙加減によって変化する。ピンクペッパーとゲランドの塩を一緒に磨り潰したほんのりと桜色をした塩は優しくまろやかな塩辛さ、もう一方はブラックペッパーをすり潰したもの…すりたてのブラックペッパーは辛さだけではないフルーティーな香りを感じて胡椒は果実だと再認識する。合理的に料理をしていたら味わえない、非合理的ではあるが一摘みの塩胡椒の匙加減が料理を多彩な一皿へと変えてくれました。。。

b0117875_73529.jpgb0117875_7351733.jpg
























天秤はと言うと…選別するという特性から「裁き」のシンボルとされて来ました。古くは古代エジプトの『死者の書』で死者の魂の善悪を判定する場面に描かれ、またタロットの「正義」では剣と天秤を持つ女性として表象されている。
b0117875_7362572.jpg
古物をおかずに…まさに(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-25 07:30 | salvage antiques
Shabby Chic…
b0117875_22585054.jpg
あまりにも小さく限られた箱で、大きな制約の中で作り上げる空間ではちょっと無理があるけれど「みっともないから」と理由を付けて諦めるも、もがくのも、楽しむのも、どれも悪くない…ではこのblogでは、もがく姿をお見せ続ける事としましょう…(笑)キミが求め続けたならボクは夢を見続ける事が出来る。キミが微笑めばボクは救われるから。。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-23 23:54 | room
プラタナスの並木


お散歩でもしましょうか。。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コチラからもご覧頂けます。
by roshi303 | 2011-10-22 01:01 | You Tube
進化と羽
朝、いつもの様に窓から外の様子を眺めていると。。
b0117875_2315537.jpg
長いストローの様な口で空中で静止し蜜を吸う。。

b0117875_23161670.jpg
「ハチドリ?」まさか?ホバリングをしながら花から花へと瞬間移動する姿に見とれてしまいました。。

b0117875_23164848.jpg
生物の進化は時に種を超越し類似する。「昆虫類」は約4億年前の古生代デボン紀に発見され「鳥類」はおよそ1億4550万年前の白亜紀に誕生した。進化とは世代を重ねる事による進化の精度であり、短い周期で世代を重ねる種ほど、進化のスピードが早いに違いない…ならば1年とない昆虫の世代交代は今も尚、これからも生物の進化の先を行く…人類より遥か遠い昔に繁栄した恐竜(爬虫類)の末裔として進化し残った「鳥類」は羽と羽毛を手にし、高度1万メートルもの上空を飛び、32000kmもの距離を渡る事が出来る。。頭脳を持った人間が進化の頂点にいるのではなく、生物としての身体能力、生き残る進化の形態の先に「羽」はある。生き物として高度な性能を持つ昆虫に関して面白い記事を発見した。

b0117875_23171579.jpg
この地球上にはさまざまな生物が存在する。しかし、その中で最も特異な生物は昆虫であろう。昆虫とは動物分類学上は、節足動物門昆虫網Insectaに属する小動物の総称である。(一般に「虫」と呼ぶ場合は昆虫以外のクモ類などの小動物も含まれる)現在までに記録された昆虫の種類は80万種を超え、全動物の4分の3を占めている。地球上にすむ昆虫は未記録のものも含めれば、全種類は約300万、総個体数は10の18乗にも及ぶともいわれている。それほど地球上に存在している昆虫たちであるが、海にすむ昆虫が極端に少ない(ウミアメンボの仲間やユスリカの仲間しかいない)。昆虫は陸上はもちろん水中、空までも制覇しているというのに。生物というのは海から生まれやがて陸に上がって繁栄していったとされているにもかかわらず、これは何故か。


b0117875_23173717.jpg
昆虫の最大の特徴は「変態」である。変態の形態は次の二形態に大別される。

①完全変態
 鱗翅類や甲虫類などのように卵、幼虫、蛹、成虫と著しい変態をするもの
②不完全変態
 卵から若虫(幼虫)となったとき、すでに成虫とかなり似ており若虫の中期から羽の芽が現れ、脱皮するごとに大きくなり最後の脱皮で羽が完全に伸びて成虫になるもの

いずれにしても、哺乳類や鳥類などとは異なり生まれたときの姿と成長したときの姿が異なるのが特徴である。また、昆虫はこの地球上において数少ない自力で飛ぶことのできる動物である。(昆虫の他には鳥とコウモリだけである)このような他の生物と著しく異なった特徴を昆虫が持つのは何故だろうか。実は、昆虫の起源は他の生物とは異なり、宇宙から飛来した一つの種子から発生したのである。一般にパンスペルミア説と呼ばれる生命の起源を他の天体に求める説があるが、昆虫こそその説の通り他の天体を起源にもつ生物だったのだ。ある種の昆虫は環境が厳しくなると、耐久卵というふつうの卵より耐久性がはるかに強い卵を産み、次の世代を生存しやすい環境まで卵のかたちで残すという能力がある。地球上の昆虫の祖先はその故郷の惑星で何らかの環境変化に遭遇し、耐久卵を産んだに違いない。その耐久卵は何らかの作用により(おそらくは火山爆発)宇宙空間に放出された。その耐久卵は長い時間をかけ宇宙空間を旅し、おそらくは宇宙に点在する岩石に付着しこの地球に降り立ったのだ。しかもその到着地点は海ではなく陸上だった。これが、海にすむ昆虫が極端に少ない理由である。また、彼らの故郷の惑星環境はあまり住みよい環境ではなかったであろうと想像できる。餌をとるために変態し、羽をもって移動していたのであろう。それが地球でも受け継がれ変態という特異な生命形態をもっているわけだ。今、彼らの故郷の惑星では、昆虫型の生物が高等生物になっているかもしれない。)このまま人類が地球環境を破壊し続ければ、昆虫は地球を見限り、いつの日かまた、宇宙へと羽ばたいていくかもしれない。そんな日が来ないように我々人類に課された課題は重く、急を要す。


b0117875_2317484.jpg
人類誕生はたかが600万年前〜700万年前..先に存在した生態系を崩すは身の破滅へと繋がるのは必然なのかもしれない…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-21 08:18 | salvage garden
フウセンカズラ~ Cardiospermum halicacabum ~
b0117875_19593864.jpg
何を考えて歩いているかって?それは…雲がどんなカタチをしているかって、鳥が木の実を啄んでいるかって、空気が澄んでいるかって、道端にひっそりと咲く花を見つけることかって… つい最近、アカツメクサが生えていた空き地にとうとう工事が始まって、ちょっぴり寂しい気持ちになっていたけど。。まだ、毎年楽しみにしているモノがあるんだよ。。

b0117875_19595140.jpg
信号を渡る手前、陸橋下の小さく囲まれた金網のフェンス塀があって、毎年この季節になると蔓が絡まって、その蔓先に白くて可愛い花が咲く…その後を追いかけるかの様に緑色の風船が付いて来るんだ。。3年前にはひっそりと咲いていたけど、毎年、冬が来る頃には刈られて無くなっていたんだ…昨年は忘れちゃったのかな?それともその愛くるしい姿に刈れなかったのかな?そのまま刈られずに残っていて自然に枯れて朽ちたんだ…そのせいかな?それとも天気が良かったからかな?今年は凄く沢山と蔓が絡まっているんだよ。。なんでそんなに詳しいかって?それは…コッソリと部屋に連れて帰りたかったけど、大の大人の男が花を摘むなんて恥ずかしいでしょ?だからいつも会社帰りにキョロキョロ…はぁ〜と溜息をついて通り過ぎていたんだよ…なんだか好きな人の前で声をかけられずに通り過ぎているみたいだよね…

b0117875_19595863.jpgb0117875_200750.jpg













b0117875_2001793.jpgb0117875_2002853.jpg












3年越しの恋が叶ったかの様。。今日、とうとう勇気を振り絞って先の方だけ連れて帰りました。もちろん!根の方は手をつけずに先の方だけ。。生ける時に風船が何個か取れてしまったのでベランダの鉢の上に優しく置いて。。来年、芽が出たら嬉しいな、自然のものは繊細だからね…
b0117875_2035362.jpg


b0117875_2042229.jpgどうやって飾ろうかな?

テーブルのグラスに生けて。。

蔓で円を描いてリースにするのもいい

鳥籠の中に生けて。。

古道具と命ある植物に、時の経過を感じるのもいい

花瓶に生けて。。

草花に絡ませ自然美を再生するのもいい

でも、やっぱり。。可哀想だから

やはり空が見える窓際が良いよね

手にしてしまったら罪悪感で切ない気持ちとなった。。




b0117875_2023574.jpg
愛くるしい緑の風船が夕日の空に浮かぶ。。

b0117875_205048.jpg


b0117875_2052490.jpgフウセンカズラ…

赤い夕日に浮かぶ

緑色の風船。。

風船はしっかり掴んでいないと

飛んで行ってしまうけど

手にして捕まえていても

いつかは凋んでしまう。。


b0117875_2054349.jpg
夕日のスクリーンに浮かんで消えた。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-19 08:18 | flower file
picture collection ⑦
b0117875_7405391.jpg♦光と影-Leon-

影が伝える…

現実をそのまま表現するリアリズム

モノに捕われない感性を表現したキュビスム

モネに見られるImpressionnistes(印象派)は

リアリズムからキュピズムへ

変化の途中にある表現方法

印象派は音楽に通じるとも言われ

言葉で表さずとも

思いが伝わる表現方法とも言える

影は現実の裏にある「思い」を

「背景」として、印象派の如く

優しくを語ってくれる…



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0117875_7461380.jpg

picture(290 x 200)frame(390 x 300) /ガラス板/黒縁  ※お問い合わせは roshibu@mac.com まで

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[NEWS] Nostalgie2011 カレンダー予約受付中
by roshi303 | 2011-10-14 08:11 | picture collection