救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
<   2011年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
私のカトラリー
b0117875_21591159.jpg


b0117875_21534116.jpgCHRISTOFLE(クリストフル)のスプーン&フォーク

そして、LANGRESのナイフ。。。

三位一体の私のカトラリー

CHRISTOFLEのシルバーとLANGRESの黒檀の柄のナイフ

黒の柄がなんとも男気を感じて宜しい。。

私のお気に入りであります。

このカトラリーとの出会いは5年前。。



b0117875_21593687.jpg
1800年代後期から1900年代の初頭のCHRISTOFLEの少し翳りあるシルバー、スプーンの先が尖っているのは、煮込んだ肉や魚など解すのに勝手がいい…ズシリと重く、大きいことからサーブ用なのかな?などと、最初は思っていましたが、使ってみれば歴然、その便利さは病み付きになります。スプーンの先で肉を押さえナイフで切り、肉片と煮込んだスープをナイフでスプーンに滑らせて頬張る。。フォークの出番が疎かになりがちな私のカトラリーです(笑)

b0117875_21544448.jpgb0117875_21562567.jpg














b0117875_2157049.jpgb0117875_21572384.jpg















b0117875_2225570.jpg
古いカトラリーへの慈しみは何気ない食事さえも豊かに変えてくれます。。


______________________________________________________
by roshi303 | 2011-11-30 08:04 | salvage antiques
理 想
b0117875_23405431.jpg
手に届かぬ憧れは、いつしか溜息となるのが常ではありますが…「夢は持ち続ける事で必ず現実となる」つい先日、夢を叶えられた人生の先輩より頂いたお言葉です。たとえそれが思い描いたモノより小さなモノであったとしても、現実となったカタチに意義があるのだと…ヒトは欲望の塊であり、それは尽きる事が無い…夢を叶えるとは…価値を手にする事なのかも知れません。KOUSEIのご夫婦のライフスタイルはまさに私の理想そのものでありますが、それはあの空間を手にする事なのではなく、お2人の価値観こそが理想なのだと改めて気付かされました…なぜなら理想とは理性によって考えうる最も完全な状態。また実現したいと願う最善な目標、あるいは状態なのだと…そんな私ではありますが「roshiさんのお部屋って素敵ですね」などとお世辞でも嬉しいお言葉をよく頂きます。実際はどこにでもある普通過ぎるマンションの一室…もし素敵に見て頂けているのであれば、それはまさしく私が私の理想へと近付いている証なのかも知れません…なぜならソクラテスの弟子でありアリストテレスの師でもある古代ギリシアの哲学者プラトンが説いた言葉に「現実世界は理想的な世界の投影であり理想を求める活動が物事の本質」なのだと…(安い給料で今日も理想を求め続けます)笑
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-29 00:48 | salvage poésie
MOTHER
b0117875_224597.jpg



b0117875_2251482.jpg KOUSEi WERkSTATT にて行われている企画展

巡るものの中心である 『母』MOTHER …

2人のジュエリー作家が

静寂が漂うKOUSEIの空間に命を吹き込みます。。

華やかであるのがジュエリーではありますが

お2人が作られるジュエリーは

どこか刹那的な輝きを放ちます…

それは生き物に共通とした普遍的な性質を伴う。

命は限りあるモノ。。

しかし「命」が輝きならば

継承する事でいつまでも輝き続ける。

巡る「母」と「子」

継がれる「モノ」と「思い」

輝きは母の思い。。



b0117875_2261869.jpg
いつもと違うKOUSEI、初の企画展ともあり、沢山の方が来場されていました。

b0117875_2262825.jpgb0117875_2264013.jpg













b0117875_2265198.jpgb0117875_227062.jpg













企画展は27日(日)までなのでお間違えないように…
b0117875_2271357.jpg



b0117875_2272763.jpgb0117875_2273583.jpg













b0117875_2274564.jpgb0117875_2275730.jpg












洗練された空間でありながら、なんともアットホームにお相手して下さった店主とkataoka夫人。。お2人から「子供の時と変わらずにそのまま大きくなったでしょ?」と褒められ(?)お子様をお持ちのお2人に「母」も感じたりして思わず甘えたくなってしまった事は内緒にしておきます(笑)それにしても…Kataokaさんのジュエリーも素敵でした。。
b0117875_228874.jpg
店主のお許しをもらい撮影をしていると、どこからか熱い視線が。。横を見るとポーズをとる女の子(笑)「撮って欲しい?」と聞くと笑顔でカメラ目線。。慣れているななどと思いながら「パシャ」※ご本人の了解を頂いています(笑)


b0117875_2281742.jpg
巡る命の継承。。母から得たモノ、母として継げること。。


b0117875_2210033.jpg
「MOTHER…」女性っていいね


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-27 00:17 | shop
胸に残る慕情…
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0117875_8152748.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-26 08:21 | Photo
疑似…
b0117875_231563.jpg
こう、


b0117875_232241.jpg
うん?


b0117875_232897.jpg
こう?


b0117875_2321592.jpg
そう!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-24 23:07 | Cat
MOTHER kataoka × tmh. at Kousei Werkstatt
b0117875_23201850.jpg私の大好きな空間である KOUSEI

古物を扱うKousei Werkstattが

「未来に受け継がれる新しいジュエリー」を

紹介する初めての企画展 (27日まで)

テーマは、巡るものの中心である、「母」

継がれる、巡る、

ひとは自分の命だけで終わらない…

KOUSEIによるドラマチックな

ジュエリー展に tmh. が参加しています。

愛するひとに、娘に、母に、

そしてなにより年を重ねて行くだろう自分に。。

あの空間に古田氏のジュエリー…

想像するだけでゾクゾクしてしまいますね。。

是非、足を運ばれる事をお勧め致します。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-23 23:54 | NEWS
「Fleur-de-lis」〜高貴〜
「高貴」とは…オリエンタルリリーの花言葉です。
b0117875_22241042.jpg



b0117875_22244181.jpg「高貴」とは…気品のある様を言い

「気品」とは。。

どことなく感じられる上品で気高い趣を言う

「上品」とは。。

洗練されている様であり

「洗練」とは。。

あかぬけた優雅・高尚なモノにすること

「優雅」とは。。

しとやかで気品があること

よって、「高貴」とは

しとやかで優雅にその様は洗練されており

感じ取られる上品な趣は気品のある様を言う。。。




b0117875_2225930.jpg
くらくら する程の強い香りを放つ百合の花。。


b0117875_2227344.jpgb0117875_22274878.jpg














b0117875_2228227.jpg



b0117875_22284965.jpgフランス語で「百合の花」を「Fleur-de-lis」という…

中世ヨーロッパでは「Fleur-de-lis」は

宗教と芸術における象徴性として掲げられ

1300年頃まで百合はイエス・キリストを象徴とされ

12世紀中頃から、貴婦人の印章として…

いつしかそれは聖母マリアを暗示し

「女性の純潔と崇高」を表す

紋章などにも見られる「Fleur-de-lis」は

3枚の花びらを"信頼、知恵、騎士道精神”

それが、三位一体を表すという。。

そして、今、「Fleur-de-lis」は

「日常生活における紋章の継続」と言えるだろう。。



b0117875_2229762.jpg
高貴な花「オリエンタルリリー」…は現代の日常生活における失われたFleur-de-lis「高貴」さを感じ取らせてくれた…

______________________________________________________
by roshi303 | 2011-11-23 07:55 | flower file
時の流れに身をまかせ…
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


b0117875_23394638.jpg



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-22 00:00 | Photo
Les Feuilles mortes
b0117875_927285.jpg





Les Feuilles mortes


b0117875_927353.jpgOh, je voudrais tant que tu te souviennes
Des jours heureux où nous étions amis
En ce temps là la vie était plus belle
Et le soleil plus brûlant qu'aujourd'hui
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle
Tu vois je n'ai pas oublié
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle
Les souvenirs et les regrets aussi
Et le vent du nord les emporte
Dans la nuit froide de l'oublie
Tu vois je n'ai pas oublié
La chanson que tu me chantais

C'est une chanson, qui nous ressemble
Toi tu m'aimais et je t'aimais
Nous vivions tous les deux ensemble
Toi qui m'aimais, moi qui t'aimais

Mais la vie sépare ceux qui s'aiment
Tout doucement sans faire de bruit

Les pas des amants désunis

Mais la vie sépare ceux qui s'aiment
Tout doucement sans faire de bruit
Et la mer efface sur le sable
Les pas des amants désunis



b0117875_92856.jpg
枯れ葉が強風に煽られ舞う姿に哀愁を重ね思わず口ずさむ曲 Les Feuilles mortes 『枯葉』は1945年にJoseph Kosmaが作曲し後にJacques Prévertが詞を付けたシャンソンのナンバーである。ローラン・プティ・バレエ団のステージ「Rendez-vous」の伴奏音楽の一つとしてコズマが作曲したメロディーが原型となり、シャンソン歌手ジュリエット・グレコが歌ったことで1940年代末から1950年代にかけ広まり「枯葉」は世に認知されシャンソン界のスタンダード曲となる。


b0117875_9275822.jpg
この年を彩り演出してくれた葉達のフィナーレは、自らが葉吹雪となり


b0117875_9275223.jpg
日だまりの中、次の舞台準備を進めている。。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-20 10:01 | salvage poésie
身近にあるリンゴとの法則
b0117875_21562223.jpg
秋を彩る「リンゴ」…。身近であるからこそリンゴに関わる物語が沢山と存在します。。例えば、聖書の中でリンゴは「禁断の果実」として、ウィリアム・テルでは、息子の頭の上の林檎を矢で射貫くと言った話し。ギリシャ神話では、最も美しい女神に与えられる黄金のリンゴを巡り3女神が争いを起こす話しなど…身近に存在する果実だからこそ神話や言い伝えなどに親近感が持てる効果が得られるのだと思います。あと、そう言えば有名な話しがもう1つありましたね…


b0117875_21562714.jpg



b0117875_2265471.jpg万有引力の法則

物体が地球に引き寄せられるだけではなく

宇宙においてはどこでも全ての物体は

互いに引き寄せる作用(引力、重力)を

及ぼしあっている法則

 Sir Isaac Newton
(サー・アイザック・ニュートン)

木からリンゴが落ちるのを見て

ニュートンは万有引力を思いついた…

古い伝記ではそう言われているが

それは定かな話しではない。。

ただ、その話しから私たちが感じとられたのは

身近で当たり前で些細な物事でさえもが

根底をも覆す発見や答えを導き出す教えである事を…




b0117875_2211913.jpg
身近で繰り返される物事。。季節の移ろい、出会いや別れ、人は変化が訪れた時に新たな発見と教訓を得る事が出来る。


b0117875_21563358.jpg
ニュートンの幼少時代は決して恵まれてはおらず、他の者とも打ち解けられず劣等感や罪の意識をも持っていた様に思われます。彼の才能は天性の素質だけでなく育った環境からして物事を深くより深く掘り下げて見ようとした探究心でもあり、恐らくは受け入れがたい現実の理由と物事の本質を知る事で答えを導こうとしていたからなのかも知れません。。


b0117875_21563961.jpg
身近にあるリンゴとの法則:「そうだねぇ…キミをリンゴに例えるなら。。。」


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-18 23:49 | fruit file