救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Grape
b0117875_22324826.jpg



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-30 22:35 | Photo
女心
b0117875_22171477.jpg
ネコだってモノ念いにふける事だってあるの…


b0117875_22172272.jpg



b0117875_22173338.jpg
こうしてベッドの上でゴロゴロ、ゴロネコしている時だって。。


b0117875_22174384.jpg
ワタシの事なんて気にもかけずに植物の写真を撮るデリカシーのないヤツだけど。。


b0117875_22175117.jpg
でも。。もしかしてワタシにカメラを向けているかもしれないから、ちょっと清ましてみたりする。


b0117875_2218070.jpg
そう!ピンはこっち!!よそ見なんかしちゃダメなんだから!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-25 22:31 | Cat
phytoncide ー 癒しの物質ー
b0117875_2053337.jpg
陸橋下で拾われたtinaは野生でありながら人に育てられ、13年の月日が流れた…瞳の色は、黄色掛かった緑色である。


b0117875_20534045.jpg



b0117875_20532272.jpg色褪せたAntiqueリネンのワンピースは

天然素材であるユーカリよって染め付けられた。

まとわりつく様な湿度に覆われたこの季節

清々しい空気に癒されるあの森林浴を思い出す…

ある科学者の報告によれば、植物を傷つけると

その周囲にいる細菌などが死ぬ現象を発見し

この物質をフィトンチッドと呼ぶそうです…

植物が密集する森林には発散量が多く

その殺菌性と森林の香りの成分である事から

森林浴の「癒し」の効能としても紹介されている…

傷ついた植物の香りに癒されているかって。。?

そうではなく、傷ついた体を回復しようとしている

植物の息吹に癒しの効能を得る事が出来るのでは?

花屋で花ではなく緑を多く選んだ私は。。

野生の本能だったのかも知れません。。



b0117875_20531424.jpg
フィトンチッドとは、「植物」を意味する「Phyto」と「殺す」を意味する「cide」から作られた造語だそうです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-23 22:44 | flower file
経過速度…
b0117875_21564591.jpg
3年前に貼ったantiqueのWallpaperも今では当たり前の景色となり

b0117875_21573372.jpg
石膏で出来た19世紀のコンソールもまたこの場所が定位置となっています。。

b0117875_2157154.jpg
一度は我家を離れたドロワーズではあるが、何事も無かったかの様にもとの場所で鎮座している。

b0117875_21565440.jpg
使い捨てられる時代に人の手を渡り受け継がれて来たモノの生命力

b0117875_21575287.jpg
部屋の中でアチラコチラに動かすモノは邪魔だとか飽きるのではなく、シチュエーションや背景を変える事で新たな一面を表す人に似た個性を持ち合わせている…それはもしかしたら人が動かしているのではなく、モノが人を使って動いている様な感覚さえ憶えたりもします。100年、200年近くも前のモノが残されて来たのはただの偶然だったのだろうか…

b0117875_21574861.jpg
ずっと昔からそこに居る様な錯覚を憶えるのは、モノが持つ時の経過速度が違うから、私たちは空を流れる雲に等しい…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-22 23:03 | salvage poésie
OYSTER 〜 誘い 〜
b0117875_2172994.jpg
思いもよらないモノに出会った時、そのモノの存在理由を考える。スプーンでもフォークでもナイフでもなく、エスカルゴを食べる為の道具…なるほど!細身で長いから実をひっかけクルッとひねりを加えれば食べやすそうです。うん?エスカルゴをよく食べるかって?自慢じゃないですがエスカルゴぐらい食べた事ありますよ!中学生の頃に…(笑)我家では果物やお菓子を食べる時にでも使おうと思っています。あっ!でも、サザエの壷焼なんかにもいいんじゃない?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0117875_21121173.jpg
6年前の私のblogから引用したESCARGOTSのフォークの記事、今の私よりもおちゃらけていますが。。基本は変わっていません(笑)。あれから6年が経ち、ESCARGOTSのフォークに似たOYSTERのフォークを何度か見かけ、いつか手に入れたいなぁ。。などと思っていました。そして、やっと手にする事が出来ました。ESCARGOTのフォークの写真に合わせて、このOYSTERのフォークの写真もコラージュさせてみたいと思います。

b0117875_21231848.jpg
こんな無機質で業務的なOYSTERのフォークはきっと、大衆的なbistroかこんな素朴なキッチンに置かれていたのかも知れません…そのカタチはギリシア神話に登場するポセイドンの持つ槍の様なカタチ、それがポセイドンの絵が先か牡蠣が先か、などと考え始めると鶏が先か卵が先かの様なジレンマに陥りそうなので深くは考えない様にしたいと思います。。

b0117875_21363937.jpg
洋書の1ページとのコラージュは、時空を超越させる古物のイマジネーションを誘発させて…

b0117875_21395181.jpg
洒落たアラベスクのTeaスプーンは貴族的な空間へと誘う。。

b0117875_21414699.jpg
おっと!いけない、また悪い癖が。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※ 因に私は職業柄、生牡蠣は食べれません。
by roshi303 | 2012-07-17 21:49 | salvage antiques
黄金色の空…
b0117875_19504120.jpg
大気というフィルターを通した偽りの蒼い時は過ぎ、夕刻からの日射しはアナタ本来の色で地表を照らす。。



b0117875_19505352.jpg
偽りとは嘘とは異なり、空言とも言われる。空言とは自分を美しく飾り見せる為に数々の作り話を作る事であり、自分の虚栄心を満足させる為の妄想にも近い偽りとも言われますが…夕刻、黄金色の明かりに包まれ本当のアナタの姿を垣間見た時に「優しさに満ち溢れた偽り」であった事を知る。その優しさに私たちは涙するのかも知れません。。


b0117875_19504778.jpg
黄金色が風に運ばれレースが戦ぎ。。



b0117875_19505968.jpg
あの日の優しい偽りを思い出したりもする。。ありがとう

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-16 21:06 | salvage poésie
Cul Noir の 協奏曲 〜 concerto 〜
b0117875_21233423.jpg
アンティークコレクターと言われると何故かしっくりこない…流行のアンティークに目を奪われるのも道理に反する様な気もする。時を刻んだ生活雑器に趣を感じ、他文化への好奇心、想像力も重なりそれらは特別な雰囲気を醸し出します。

b0117875_21233728.jpg
偏にアンティークと言ってもその人の趣味思考によって年代や国、ジャンルにより細分化されるわけですが、万人とまでは言わないかも知れませんが、多くの人の趣味思考が重なる時、それらは特別なモノとなる。。Creil et Montereau、sarreguemines、MoustiersそしてこのCul Noirもまた多くの人にとって特別なアンティークだとも言えるかも知れません。

b0117875_21234561.jpgb0117875_21235159.jpg














b0117875_21235629.jpgb0117875_2124021.jpg














茶色と白の配色は日本人にとって受け入れ易く、気取らず無骨過ぎず、貫入の入った趣は「茶道」にある「侘び寂び」の様な景色さえも感じとれます。19世紀のヨーロッパと現代を融合するインテリア(生活空間)を模索している私ではありますが…元々の用途には固執せず、今のライフスタイルの中で心地よく実用する事がまずは一歩なのだと思っています。
b0117875_2124995.jpg
話しは変わり、L'-instant の rumikoさんがフランスより一時帰国され、いつもお世話になっているun deux trois の shuさんとJardin de Violettesさんのお三方で展示会をされるとと言う事で昨日横浜へ行って参りました。あえて私は撮影しませんでした。お三方の思いは個々のBlogでお確かめ下さい。それはそれは素晴らしい世界でした。「夢の様な空間」夢とは非現実的だとも思われがちですが、しかし、それらを実践出来るヒントがそこにはありました。

b0117875_21241314.jpg
集める事に執着するつもりはなかったのですが…(立派なコレクター)笑 しかし、毎朝必ず飲むコーヒー…
Cul Noirのマグカップは、私の生活と言う(concerto)を奏でてくれている。。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-13 21:24 | salvage antiques
La Chambre à Arles

b0117875_2394454.jpg
La Chambre à Arles(アルルの部屋)的な眩しい一日でした。。(仕事でしたが)笑


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-10 23:16 | Photo
蒼い狐と輝く未来
b0117875_21435578.jpg
およそ200万年前にアフリカでアウストラロピテクス属から別属として分化し、ホモ・サピエンスは40万から25万年前に現れた。それから人類は進化し続け…21世紀、文明は科学の発展と共に大きく様変わりし続けている。生物が進化し続ける事は地球上ではごく当たり前な摂理ではあるが、科学の発展は生物の進化を通り越し、人が生み出した科学と言う名の環境に対して、これからの人類が進化して行くのではないか?などと私は思っています。それは、地球と言う環境に対して進化し続けた生物の摂理を乱す事なのかも知れません…特別だと思われがちな人類でさえも200万年前に分化したホモ・サピエンスでも絶滅したと言われるヒト属の種が幾つか確認されているそうです。滅びる事が良い事とは言いませんが、この様に地球と言う自然環境によって地球上の生き物は1つの生命体として共存共栄して来たとも言えるでしょう…

b0117875_2144750.jpg
アインシュタインの説にミツバチが絶滅するとその4年後に人類は滅亡する…と言う説があります。それは単に農作物の受粉による食物連鎖の崩壊だけではなく。およそ400万年前から現在とほとんど変わらないミツバチの化石が発見されているそうですが、ミツバチは現代に至るまで進化をしていないと考えられているそうです。400万年以上もの間、激変する地球環境の中にありながら、あえて自らを進化させるのではなく、その激しい変化に適応し、種の存続を果たしてきた言えます。それほどまでの生き物が絶滅する環境の変化こそ人類の脅威なのだとアインシュタインが言いたかったのではないかと?最も強い生き物とは?力が強い事ではなく、頭が良いのでもなく、環境の変化に対し適応する力、生物としての変化適応力だと聞いた事があります。それは地球環境に対しての進化だとも言えるのではないでしょうか?

b0117875_21441439.jpg
b:「ところで父さん、ボクたちの事を見つけてウサギだと思った人がいるみたいだよ…」

b0117875_2144198.jpg
g:「ハハハ。。その話しは父さんも知ってるよ、骨董市で私たちを手にして家に戻って良く見たらネズミだ!ってね、」

b0117875_21442220.jpg
人が生み出した科学の生活環境とは地球環境とは無縁の非現実的な架空世界とも言える。人類の進化、適応力が、地球環境から外れ、その先にある地球規模での環境変化に人類の進化、適応力に勝る科学の進歩があり得るのでしょうか…?

b0117875_21443181.jpg
b:ところでボクたちは「蒼い狐」だけどね(笑)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-08 23:30 | salvage poésie
梅雨の合間の珊瑚…
b0117875_21341436.jpg
昨日の雨、今日の快晴、いよいよ夏の到来といったところでしょうか、早朝の涼しさとは対照的に昼間はやはり日本の夏、特有の高温多湿となり始めましたね、蒸した日を少しでも涼しげに過ごそうと私が選んだ花は、一見涼しさとは対照的な?紫色のシラン…紫は赤と青が交じる事から暖色でも寒色でもない中間色。ジメジメとした大気、どんよりした空、雨、水を避ける事が出来ないのならば、いっその事、水の中で快適に過ごす方法を…それなら珊瑚を思わせるアレンジを。。どんよりした薄暗い部屋に時と言う名の海に漂う古物を背景に、蛍光色を放つ花が珊瑚の様ではないですか?


b0117875_21342040.jpg
海藻をイメージしたミントの葉が爽やかな対流をお越し…


b0117875_21343046.jpg
お手製の海ウチワのオブジェを近くに置いてみたり。。


b0117875_21343823.jpg
ほんの一角に配された珊瑚、梅雨の時期はクマノミになる事をお勧めします。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-07-04 22:39 | flower file