救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
タグ:Basket ( 8 ) タグの人気記事
Morocco Basket 〜 夏 〜
b0117875_7244162.jpg
 ザクザクのリネンとモロッコの籠…そして、幸水。。夏よ再び
by roshi303 | 2011-08-04 07:30 | other
Pichon Uzès 〜 光溢れる思い 〜
b0117875_9103753.jpg昔、騎士ルドルフはドナウ川の岸辺に咲くこの花を恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くし花を岸に投げ「Vergiss-mein-nicht!(僕を忘れないで)」という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え彼の最期の言葉を花の名にする「勿忘草」は他の国々でも同様の名前が付けられている。花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」もこの伝説に由来する…


b0117875_22554239.jpg




b0117875_22554986.jpg南仏、Languedoc-Roussillon

フランスのトスカーナとも呼ばれ

フランスで最も美しい街並み

「Uzès」~光溢れる芸術の街 〜

その地で1802年創業し、200年もの間

家族経営を貫いてきた「Pichon」

上質なリモージュの土を使い

高温でしっかりと焼かれている。。

手作業で編み上げられた

corbeille(バスケット)は

Pichon家に嫁いだ女性のみが

編むことを許されるといいます。。

勿忘草を思わせる小花の装飾は

可愛いさの中にあって力強さが感じとられます。。




b0117875_2256824.jpg
同じく「Pichon」のオクトゴナルのデザート皿は使い勝手の良い大きさから使用頻度が高くテーブルに毎朝の様に並びます。小振りながらに厚み、重厚感があり、このお皿にも熟練された職人の温もりが残されている。。



b0117875_22564439.jpgb0117875_22565423.jpg













底には「Pichon Uzès」と刻印が彫られ、コンポティエにはFAIT MAIN (手作り)の刻印も彫られている。現在7代目となる「Pichon」は今も変わらず上質な陶器の生産が続く…であるとすると、このcorbeilleが作られたのは4〜5代目に嫁いだ女性が編んだものだと推測されます。Pichonのcorbeilleには母の手仕事、温もりが忘れ去られる事無く残されている…
b0117875_22571281.jpg
美しさが溢れてくるかの様に…手作りで編まれたコンポティエの装飾「勿忘草」は今も語りかけている。。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-04-05 07:56 | salvage antiques
漁師 の panier
b0117875_2113795.jpg
風が強く吹けば吹くほど、それは季節が移り変わる証拠…風が止んだ時、穏やかな日差しの温かさに気付く


b0117875_21135274.jpg
春を待つ、ネコヤナギは湿気のある川沿いに生えている。早春の降雪や寒風の中、銀色に輝き春を待つひたむきな姿に自分を重ね、応援したくなってしまいます…。フランスの漁師のpanierを添えてひたむきな成果を待つ事にしよう。。。

b0117875_8152470.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-26 08:16 | salvage antiques
針金の籠
b0117875_21244489.jpg
アナタをずっと見てきた。。。


b0117875_21252443.jpg陸橋の下で拾われたのは偶然なんかじゃない

アナタを見守るため、私は拾われた

古物には魔物がとりついている事

アナタはやっと感づいたみたいね…

過去という魔物に捕われると

そこからは抜け出すことが出来ないの

私が時々アナタの頭の上をジッと見ているのは

アナタに魔物がとりつかない様に見張っているから

私の目、猫には何でも見えてしまうの…

毛玉を吐く事あるでしょ?

あれはアナタの身代わりに魔物を飲み込み

吐き出しているから

トイレをした後、走り回るのは

魔物を追いかけているからなんだから。。。


b0117875_21465875.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

b0117875_21192422.jpg


b0117875_2120940.jpgオレが過去にとりつかれているかって?

確かにオマエと紐遊びや

布団の中から指がチョロチョロごっこより

古物を撫でている事が多いかもしれない…

古物は撫でれば撫でるほど

良い艶が出るんだよ

それに比べて。。。

オマエは撫でていると急に噛みつくじゃないか

やきもち焼いているんじゃないのか?

そんなにいつも見つめられちゃ

気持ちが悪いよ

おいおい。。トイレの後走り回るな!

あ〜また、毛玉吐いてるよ。。。

「たくっ」世話が焼けるな。。。

b0117875_21222218.jpg

b0117875_2375576.jpg

何が、とりつかれている だよ…
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
by roshi303 | 2011-01-25 08:12 | salvage poésie
Bramley's Seeding
b0117875_824587.jpg




b0117875_833022.jpg少女が播いたリンゴの種…

200年前のイギリスでの話です。

庭に植えられたりんごは

ブラムリーおじさんが家を買ったころ実をつけました。

地域で苗木商を営む、17歳の若者メリーウェザーは

そのりんごに着目し

ブラムリーは、自分の名前をつけることを条件に

枝を切り、販売することを許しました。

栽培しやすく、沢山の実をつけることが評判となり

やがて、コンテストでも優勝するなど

ブラムリーはイギリス全土に広がりました。

育てやすく保存性も高いことから、2回の戦時中では

国策としてブラムリーを育てることも奨励されました…





b0117875_83876.jpg
戦後のイギリスは、日本と同様、ホームメイドのアップルパイを焼く人も徐々に少なくなり、学校の調理実習もなくなり、ブラムリーもお店の棚から消える危機をむかえます。80年代後半に立ち上がったのは、ブラムリー生産者でした。キャンペーングループをつくり、様々な取り組みを開始しているそうです…   ブラムリーファンクラブより

b0117875_835025.jpgb0117875_84311.jpg














b0117875_842254.jpg
「絵になる果実」ブラムリーリンゴは飾っても楽しめます。。生食ではなく、クッキングアップルとして愛されて来たブラムリーリンゴは加工果実として、調理や保存食として、これからも人々に愛され続ける事を願っております。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2009-10-16 07:41 | fruit file
朝、Crystal…
b0117875_1046064.jpg
11月に入り朝晩の冷え込みが増してきましたね。。。西向きの我家は、良い言い方をすればスローな朝を満喫出来るわけです。電球の明かりと、空を反射して窓に入る光…対照的な明かりが部屋の明暗にグラデーションを与えてくれます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
b0117875_10463244.jpg

b0117875_1047160.jpg母体から離れた、赤ん坊は泣き叫ぶ

そして…笑う

孤独だけでない温かなモノを知ったから

人は寝床を変え、巣立ちを繰り返す。。。


Nyaから連れて帰った白い千振(センブリ)

白い千振とミントを枕元に飾り

期待の朝と、目覚めてしまった

ほろ苦さを楽しむ

吐く息が白くなるような朝も わずか…

今日と言う一日

扉を開けたのはどの鍵か?

温かな羽毛に守られた巣から

また今日も巣立つ。。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
b0117875_10473189.jpg
上空から様々なドラマを見守り続けたシャンデリアのパーツ。花弁を思わせる鐘のカタチをしたCrystalは大きなシャンデリアの装飾だったに違いない。Crystalの語源はギリシャ語の”クリタロス”に由来する。クリタロスとはギリシャ語で氷を意味しており、これは昔、水晶が氷の化石だと考えられていたから…鍵が揺れ、Crystalに当たると「キーン」と高い高音を響かせる…静かに眠りに着いていた所を申し訳ないけど、これから私の毎朝の巣立ちを見守ってもらう事とするよ…ところでCrystalさん私の毎日を滑稽だと笑わないでおくれ、こんな私でもそれなりに頑張っているのだからさ
b0117875_10475916.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
by roshi303 | 2008-11-08 13:24 | salvage antiques | Comments(14)
お皿のaccordion
b0117875_15135423.jpg
縦に並ぶお皿たち。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

b0117875_15143521.jpgアイアンのDish Rack(デッシュラック)

縦長のDish Rackには18枚のお皿を立てる事が出来ます。

ありそうでないこんなモノに出会うと

なんだかとても得をした様な気分になります。

長い年月をかけてお皿を集めようと思う

グランドキャビネットに一枚また、一枚と。。。

気分にあったお皿を本棚の様に出せて

来客時にラックごと運び、テーブルセッティングもしやすく

洗浄後もキッチンからそのままキャビネットへ運べる

お皿のミルフィーユで困ったら

用度の多いお皿はアコーディオンにしよう。。。

b0117875_151517.jpg
そんな心配をする前に、お皿が少ない我が家…。何事も格好から入る私はいつも肝心な所が空っぽ。。。昔から変わらないものです(苦笑)ミルフィーユの前にアコーディオンを先に楽しむ。。。支離滅裂だけど自分らしい。さ、さ、これからミルフィーユを作るぞ!とは思ったけどその前に沢山、働かなくちゃね。。。「だよね? Leon?」(・・・・。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

b0117875_15152815.jpg
grand cabinetがお腹を空かせてる、、、(たくさん食いそうだな。。コイツ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
by roshi303 | 2008-09-07 16:23 | salvage antiques | Comments(40)
モロッコの籠
素朴なモロッコの網籠。。。
b0117875_8494189.jpg
まだ2年と言う短い期間だけど味が出てきましたよ。


b0117875_849597.jpg
モロッコの籠に調理前のラデッシュを乗せて…ラデッシュはサラダなどに入れると色目が良いですが、まんまアンチョビディップに付けて食べるのも夏のツマミに良いものです。。。


b0117875_850158.jpg
フワフワ。。綿の固まりはスモークツリー
こうして綿の部分だけをちぎって籠に乗せると、縫い物好きなモロッコの女性を思い浮かべます。。。



b0117875_8503480.jpg
真っ赤なサハラの夕日にモロッコの綿雲が燃えています。。。
by roshi303 | 2008-06-07 09:16 | other | Comments(10)