救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
お気に入りブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
タグ:Cloth&Paper ( 19 ) タグの人気記事
livre du compte(古い帳簿)
b0117875_2144164.jpg
先日の骨董市で LINO HOMEWORKS さんから手にしたのは、ずっしりと重たい古い帳簿。。


b0117875_21444299.jpg
これと言って特別な文章でもなさそうで、紙が羊の皮なわけでもなく。。解読不明な文字と数字が記録されている。


b0117875_21442319.jpg



b0117875_215252100.jpg1930年代に執筆された

文字と数字の羅列は内容はなんであれ、

厳格さと規律によって記された

その時代の「記録」

文字をじっと見ていると。。

数字と文字が浮いて出て…渦を巻きながら

その時代へトリップするかの様な錯覚を憶えます。。

ちょっと映画の見過ぎかな?(笑)

この帳簿を見たとき、

その表紙の格好良さも然ることながら

「残す」といったイマジネーションが

ふつふつと沸いてきて。。

なかなか行動に移せなかった

部屋に飾った花の記録

「押し花」をこの帳簿で作りたいと。。



b0117875_21445833.jpg
上手くいくかは分からないけど…まずは行動に移せた事が嬉しいですね。。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-08-05 22:43 | salvage antiques
canivet 〜カニヴェ〜
b0117875_23102911.jpg
カニヴェ、ホーリーカード、額装された信心具など「念い」「願い」を感じる額のコーナーを作っています。完成していない段階ではありますが、少しづつ集めて不揃いなモノをバランスをとりながら楽しみたいな、などと思っています…



b0117875_2311732.jpgb0117875_23111571.jpg













b0117875_23113850.jpgb0117875_23114843.jpg













昔のヨーロッパの家庭ではcoin de Dieu(コアン・ド・デュ)「神の隅」と呼ばれる一角を設け十字架や聖像、誕生や結婚や埋葬に関わる記念品などを置いていたそうです。カニヴェも額装されコアン・ド・デュに置かれていた様です。。
b0117875_23142479.jpg
葡萄のモチーフが施された黒いブリキのフォトフレームにカニヴェ…


b0117875_23582468.jpg
canivet (カニヴェ) とは、カトリック聖画をエッチングやエングレーヴィングによって描かれたフランスのカードで、エンボスを施したレース状の透かし細工で飾られている。紙製品だと言う事もあり、木製や金属製の信心具に比べて失われやすくレース状の部分が破損しやすいため残されている事態が稀少だとも言える。。当初は主にカルメル会の修道女たちによって製作され、修道女たちは滑り止めのために表面を粗くしたfourchette(フルシェット)という薄い木の板にこれらの素材を置き、鵞ペンの先を削る小型ナイフ(カニフ)と小さなハサミを巧みに使って、聖画の周囲にレース状の切り絵細工を施しました。「カニヴェ」(canivet) という名称は、このナイフ(カニフ canif)の名に由来するそうです。


b0117875_2312387.jpg
coin de Dieu…


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-01-19 00:44 | salvage antiques
秘密の古書…
忘れかけていたアナタの記憶のカケラが見つかる…
b0117875_18195235.jpg




b0117875_18195835.jpg誰にだって秘密はあるもの

その秘密を守るため

今のワタシを演じ続ける事が出来る。。

本当の自分は現実を超越した

非現実的であったとしても

幻想的でポエティックな世界に

うちすがされていても

掌に包み込まれたミニチュアニズムな世界へ

ワタシの秘密のカケラを記憶させ

そっと、そっと仕舞う。

革張りの古書を刳り貫いた秘密の箱…

その本は、1675年版「スウェーデンの思い出」

誰から何を隠すために作られたのか?

タイトルからして想像が膨らみます。。



b0117875_18201634.jpgb0117875_18202482.jpg













b0117875_18204450.jpgb0117875_18205376.jpg














b0117875_18233677.jpg
そこに仕舞われている宝物はアナタに理解が出来るはずのないワタシだけの記憶の断片…




b0117875_18212695.jpg
優しさに満ち溢れた秘密を感じるのは私だけでしょうか?



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-12-11 18:45 | salvage antiques
Fanny Chambas
b0117875_20394631.jpg
Fanny Chambas

b0117875_2039118.jpg
Fanny Chambas…'80年〜'00年までは主にテキスタイルの分野で、イヴ・サン・ローラン、ジバンシー、ラクロワ、セリーヌなどのオートクチュールメゾンや、カルティエ、ヴァン・クリフ&アーペルなどのハイジュエラー、高級リゾートホテル等で活躍し、ラクロワ、カルティエ、クロエ、セリーヌのシルクスカーフを手がけたことでも有名です。2001年に彼女のブランドを設立し、テキスタイルデザインの他、無地の麻を素材とした照明制作を開始。「自然でナチュラルで素朴な素材が好き。それに少しだけ私の秘密のレシピを加える。ほんの少しの意外性やほんの少しの“場違いな感じ”を取り入れることで、シンプルだけど慎ましやかに主張するユニークなオブジェが出来上がるのよ。」(引用)
b0117875_20391991.jpg
古物と現代Artの融合…ご存知の通り、私は古いモノの美しさに魅せられています。古いモノの魅力とは、一つ一つ異なる表情(枯れ)と、そのモノが置かれていた背景(時代)なのだと思います。時を渡り人を渡り国を渡り残されて来た「美しさ」には流行廃りを超越したArtが存在するからなのだと思います。ならばArtには現代も過去もなく、人と同じ必要も無く、「美しさ」の理由さえ考える必要は無い。心を揺さぶる何かを感じたら、それは私だけのArtなのかも知れません…

b0117875_20392736.jpg
彼女の秘密のレシピが挿入されたマルチカバーは、リネンにスタンプやハンドペイントを施した世界に2つと同じモノが無い…ベッドカバーやタペストリー、羽織る事も出来る。感じた人が好きに使えば良い…今はテーブルクロスとして。。

b0117875_20394088.jpg
atelierではない住居と言う生活空間の中で、現代Artは古物を違和感無く融合してくれる様に思えます。。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-06-19 23:17 | Style
雪 柳 ~ Spiraea thunbergii ~
b0117875_2018390.jpg


b0117875_20164893.jpgb0117875_20163570.jpg












日本原産で、春に5弁で雪白の小さな白い花をたわわに咲かせるユキヤナギ(学名:Spiraea thunbergii)道端や庭先で時々見かける馴染みのある花ではありますが、地域的には絶滅が危惧されているそうです。。近年の気候の変化や都市開発、外来種の影響なのか分かりませんが、絶える事無くこれからも春を告げる花として残っていて欲しいものです。。
b0117875_20195768.jpg



b0117875_20192356.jpg空、晴れて

日が柔らかくのどかに照っている。

つい数日前までの冬の陽気が嘘の様に

うららかな陽気が続く。。

冬の間、葉は枯れて

枯れ葉は風によってさらわれた。。

裸にされた木枝

寒さ厳しい季節を絶えしのぐ。。

やがて季節はうつろい

春の訪れを知らせる、うららかな陽気に

咲き溢れる程の小さな花。。

その姿は極寒の中で見た、あの美しい光景。。

逆境の中で培った

この木枝の「美意識」なのかも知れない。。



b0117875_20555413.jpg
寒い冬を耐えしのぎ訪れた約束の地に一人…季節はうつろい春は繰り返されたとしても同じ春は二度と訪れはしない…

b0117875_20261276.jpgb0117875_20262625.jpg













b0117875_20155173.jpg
春が来れば、また冬が訪れる。。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-03-06 22:41 | flower file
Le Paysan 1895  ~ J.-F,MILLET 〜
b0117875_22492389.jpg
Jean-François Millet(ジャン=フランソワ・ミレー)1814年、フランスノルマンディー地方ラ・マンシュ県の海辺にあるグリュシーという小さな村に生まれた。8人兄弟の長男、父は農民であり村の教会の合唱指揮者でもあった。

b0117875_2249302.jpg
パリの南方約60キロのところにある、フォンテーヌブローの森のはずれバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家として知られるJean-Francois Millet(1814-1875 )の1895年に出版された画集。セピアの柔らかい、古い紙質にモノクロームのプリントが馴染んでいます。綴じるための糸が切れてページが外れていたので、25作品が収められていると書かれていますが、最初のポートレートも含め20枚のモノクロームプリントが残っています。誰もが知っている「落穂拾い」をはじめ、「晩鐘」「種をまく人」など、貧しく、厳しくも豊かで優しい、のどかな世界が広がります。


b0117875_22494494.jpgb0117875_22493668.jpg


























b0117875_2250834.jpgb0117875_22501714.jpg



























b0117875_2014928.jpg
お正月に掛け軸を飾る風習がありますが、私のお正月はこのミレーの画集と梅の枝を飾り、お正月を過ごしました…

b0117875_20225.jpg
あのシャンパングラスで頂いたのは。。日本酒「久保田」を冷やで、当たり前ですが日本人です(笑)

b0117875_2251854.jpg
今年は実り多き年となりますように…

b0117875_22504417.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-01-07 08:00 | salvage antiques
Reform 12 〜Wallpaper〜
b0117875_17403994.jpg
良くして頂いている谷さんがプロデュースするオルネドフォイユの姉妹店 inspiration がopenします。谷さんの空間プロデュースはいつも斬新なアイデアがいっぱいでオルネやボワズリーへ行くと刺激をいつも沢山と頂きます。残念ながら私はDMを頂けませんでしたが(チクチク…)笑 きっと素晴らしいお店となっているはず…まぁ〜ともあれ、お店へ足を運ぶことを勧めます!そんな尊敬する谷さんからinspirationを頂いて今回は玄関からlivingへ繋ぐ狭い狭い通路の壁をreformしましたよ、本当はご紹介するのは止めようかな…などと思いましたが、新店のご紹介も兼ねて、間違っても谷さんと比較しないで下さいね(笑)まとまった長さが手に入らないアンティークウォールペーパーの楽しみ方です。。

b0117875_17411951.jpg1920年

france

涼しげなブルーの花と

淡い黄色いリボンが描かれている

wallpaper... W50 x D450 (cm)

antiqueのwallpaperにしては

まとまった大きさでしたが…


b0117875_17473467.jpg色のトーンも

この部屋では少々濃いことから

最初から表面に薄く白を重ねようと思っていました。。

上手く切り取りシワが入らぬように貼ってみましたが

やはり微妙に長さが足りないのと

継ぎ接ぎの柄を合わせる余裕もなく。。

やはり、こうしようと。。(笑)

b0117875_17484399.jpg


b0117875_17492098.jpg全てを剥がしフランケンシュタイン画風の如く

ランダムに切り貼って、表面にも薄く糊を延ばす。。

シワは漆喰塗りの様なニュアンスを生み

糊によってwallpaperの柄が滲み絵柄はボケる。。

ハケの毛先に水で薄めた白の水性塗料を付けて

柄を消さないように擦る様に塗れば。。

世代を重ねた

古きアパルトマンの壁の様な趣

どこか浮いていた古い額縁もしっくりと馴染んで

entranceからlivingへ、抜けるまでの期待感

プロローグが生まれました。。。

b0117875_17494913.jpg


_________________________________________________________________
by roshi303 | 2009-06-19 19:20 | room | Comments(30)
「古い時計」そして、古文書…
b0117875_2042825.jpg


b0117875_205597.jpgatelier KANAI

昨年末、Rudiさんと久しぶりの再会を果たし

手にしたのは古い時計でした。。。

100年は経っていないが

「おじいさんの時計」

近代社会への激動の時代。。。

悲しき戦争をも経験しました

「一時も止まる事なく進み続ける

「時」の中で我々は生き

その「時」に浸食されない

永遠や永久を

求めるようになったのでありましょう。」

オブジェではなく

どうしても道具として使いたかった。。。


b0117875_2052945.jpg
残念ながらムーブメントを変える事となってしまいました…心臓移植を行い、振り子は離さずに形見としてそっと近くに置いておきました…。新たな命が宿った時計盤は過去の記憶を失いましたが、優しく寄り添う振り子が「失われた時」をそっと思い起こしてくれるでしょう。。21世紀に生きる私の時を刻みながら、、、
________________________________________________________________________________________________________________________________

b0117875_20123772.jpg
DESKの横に飾ってある 古文書 をちょこっとデコレーションしました。。。
家にある画材をかき集めて作った、簡単すぎるものですが…キャンバスに古文書を貼って、その上から前回のプリンタートレイに使ったアクリル版を重ねて…枯れた紙に光が反射するのがとても綺麗でちょっとマイブーム?の様です(笑)

b0117875_20125835.jpg
額が無いことで重たくならず狭い場所でのデコレーションには有効の様です。

b0117875_20131981.jpg
春の光が綺麗に反射してくれそうです〜(バレンタイン商戦頑張ってきます!)
________________________________________________________________________________________________________________________________


by roshi303 | 2009-02-10 22:03 | salvage antiques | Comments(24)
ピアニストからの贈り物。。
b0117875_23233196.jpg
思い出の景色は言葉には表せない。。

b0117875_23403257.jpg
ピアノの繰りなすメロディーは、心の中で静かに時に激しく、過ぎ去ったあの頃の光景を映してくれる。。。


b0117875_2323498.jpg前の持ち主さんはね、

ちょっと不器用で生真面目な男性なの

鉛筆書きの指番号を見ると

指の柔軟性が低くて、

指をくぐらせることが苦手なよう

だから3楽章はひどく細かく仕分けして 

左右で交互にテーマを取る大変な苦労をしてる・・・

和音の指番号に手が大きかったことが表れてる

注意印がつけられた場所は

決まって音が跳ぶ部分

ここが苦手箇所だったのね・・・って

無骨で一生懸命な演奏が浮かんできた

過去の楽譜の持ち主さんとおしゃべりの時間...

(落合桜 パリの風)より…



b0117875_23312181.jpg
「大事な思い出をアリガトウ。。」
by roshi303 | 2009-02-07 00:18 | salvage poesie
KeyTassel
b0117875_23283370.jpg
メタルが施された小さなフランス製のタッセルを手にしました。。。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


b0117875_23292556.jpg
ブラインドを上げると…メタルが施されたTassel(房)が、強く降り注ぐ西日の光をまるで吸収するかの様に内側から輝いていました…。キャビネットに刺さる鍵はガラス戸を開ける取っ手も兼ねているので無くさぬように、取っ手の位置が分かりやすいようにと以前からタッセルを探していました。。。メタルが施された一見派手でありそうなこのタッセル…。派手さが渋さとなる事もあるのだと西日に当たり、鍵に下がった黄金色のタッセルを眺めて感じております。。。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0117875_23293742.jpg
大きく存在感のあるアナタも錆びた小さな彼がいなければ、働くことが出来ないのだから。。。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2008-10-16 18:11 | salvage antiques | Comments(16)