救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
お気に入りブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
タグ:Favorite ( 31 ) タグの人気記事
Amder Candle Pot
古代アラビア語アンバール「海に漂うもの」を語源として考えられるAmder(琥珀)
b0117875_861517.jpg


アンバールは琥珀が嵐のあと海から打ち上げられた宝石であった事に由来するそうです。海に漂う琥珀の神話がある。“人魚の涙”海洋神ポセイドンの末娘である人魚姫が王子との非恋に嘆いて流した涙が固まり琥珀となった…。古代よりその神秘的な琥珀色は人々を魅了し続けてきました。紀元前2000年代には琥珀の交易“アンバールート”が拓き、高価なバルト海域の琥珀は“北方の金”と呼ばれ金と同等の扱いをされたそうです。お守りとしても身に付けられてきた琥珀…その琥珀色に魅了されるのは古き昔から「時」と言う海に漂い受け継がれて来たDNAがそうさせているのかも知れません…


b0117875_8123561.jpg

イギリスの琥珀色のキャンドルポットを眺めながら、樹脂が香るアイリッシュな琥珀色のアルコールを頂く

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2012-01-09 08:09 | salvage antiques
しろ の 燭台
b0117875_15261746.jpg
今日もまた蝋燭に火を点す。。静寂の中で揺れ動く灯りに心が安らいで…。


b0117875_1531516.jpg
今日も一日が終わり「フッ」と息を吹きかければ、火は 一瞬 大きくなって灯りは消えた。。後に残された余韻は煙となって、そして空気に溶けて行く…。残り香はその日の証となり、今日が夢でなかった事を教えてくれる。。。


b0117875_15312095.jpg
そして、今日もまた蝋燭に火を点す。。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-14 23:39 | salvage antiques
Crown Key
b0117875_11401574.jpg
深く進めば進むほど、冬の気配が不安を駆り立てる。



b0117875_11484170.jpg
枯れはじめた木々の奥に、かすかに見える小さな小さな森の城。中はとても温かそうだ…  / Belgium



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-13 07:31 | salvage antiques
noir raisin 〜 黒い葡萄 〜
b0117875_19421723.jpg
ずぅーと探していたモノがありました。希少であるが故に奇跡的に出会ったとしても手が届かない。。



b0117875_23251269.jpg





b0117875_19423747.jpg現地でも希少であるこの黒いフォルムのオイル入れの壺…

フランスの家庭で使われる油にも様々とあります。。

バター、向日葵、アーモンド、オリーブ

落花生、菜種、とうもろこし、グレープシード…

南仏のオイル壷と言えば、

今も変わらぬカタチで残されている

黄色い釉薬のかかったオリーブオイルの壷。

イタリア文化を色濃く感じる南仏で

黄釉のオイル壷はあまりにもイメージではありますが

この黒い釉薬のかかったオイル壷は

他の地方より渡って来たのかも知れません。。

黒い釉薬と言えばノルマンディー地方から

オーベルニュ地方に見かけるCul Noirを思い浮かびますが

この壷も恐らく北の地方から渡って来たのだと思われます。




b0117875_1942726.jpg
どんな油が入っていたのだろう?興味津々に小さな受け口から覗くと微かに見えるゴツゴツした底…匂いを嗅げど無臭です。重層やら洗剤やら棒などを使って底のゴツゴツを落とそうと試みましたがビクともしません…漱ぐ水は既に透明で、油分もなく花器として使用は出来そうです。このゴツゴツはもしかして酒石が化石となったものなのか?だとしたらオイルではなくワインやシードルもしくは濃厚な果汁が入れられた容器だったのかも?なぁーんて知識が無い事を良い事に勝手に臆測するのも楽しかったりします(笑)しかし、オイル壷として取引されている事からグレープシードオイル入れだったらそのフォルムと重なるな…と私の中で勝手に解釈…それでは名前が長いので「黒い葡萄」と名付ける事とする…

b0117875_1943642.jpg
諦めかけていた私に奇跡を起こしたのは、南仏より買い付けされた LINO HOME WORKS 18世紀の黒い葡萄…


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-07 23:29 | salvage antiques
Rosa damascena(ダマスク ローズ)
b0117875_219261.jpg

ローズウォーターの原料として知られるダマスクローズ…ダマスカス(シチリアの首都)からヨーロッパへ持ち帰ったとされていたことから、ダマスクのバラと呼ばれる様になりました。全てのバラの中で最も芳香高く甘い魅惑の香り…このバラこそが、クレオパトラが最も愛したバラとして世界中に知られています。現在、バラの香料の8割がブルガリアにあるバラの谷カザンラックで栽培されています。そのバラの畑は幅5km、50〜60kmに渡り咲き広がるそうです。

b0117875_2140989.jpg

魅惑の香り…
まるでその香りは、土星をまわる47個の衛星の様に離れられなくなった…


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-07-29 09:24 | flower file
19世紀のConfiture瓶
b0117875_2228263.jpg
そのフォルムに惚れた。。。吹きガラスで形成された19世紀のコンフィチュールの瓶は無駄のないシンプルなフォルムです。これ以降に生産されたラインの入ったモノに比べ割れやすく、今となって残されているモノはとても珍しいと言えます。ラインが入らない分、ガラスは薄くこれ以前18世紀末に作られたコンフィチュールの瓶はこれとまったく同じフォルムでありながらそれ以上に薄いそうです。フタに油紙を張り麻紐で括られていたと言うシンプルなコンフィチュールの瓶…赤や黄色の鮮やかな果実の色がとても綺麗だった事でしょう。。。

b0117875_22491348.jpg
なぜだろう?このガラスの器に惹かれる感覚は…高熱のガラスに勢い良く息を吹き込み膨らませる。急激に冷える際に出来た無数の細い筋…光が当たると、まるで細波の様にゆらりと揺れます。そして時が施した無数の傷。型に流されたモノとは違う、何か命を感じる器です。。。2つある内の傷が多くて薄い方を選びました。なぜだろう…

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-05-07 00:19 | salvage antiques
Cul Noir の bol 〜 セピア色の懐古趣味 〜
b0117875_81826.jpg
日が沈む瞬間。ほんの僅かな時間に広がるsepia色に包まれて。。


b0117875_819436.jpg




b0117875_818996.jpgsepia(セピア)とは…

古代ギリシャ語のσηπία(sēpia)が語源

それは、コウイカ、イカの墨の事をいう。。

地中海沿岸地方では古代よりイカが食材にされ

イカの墨がインクとして使用されていた。

かつてモノクロ写真などにもこの色のインクが用いられ

19世紀末では新聞や雑誌の印刷に使われるようになる

古い写真や文字は薄い褐色に色褪せた。。 

それを見て、昔を懐かしむことから

懐古趣味を現わす代名詞として用いられている。。

私達が感じるセピア色の懐古趣味は

記憶がもたらした情報なのか?

色彩より感じたimaginationは、人の心に

imprinting(刷り込み)されているのかも知れない




b0117875_8182040.jpg
cul noirの黒は窯元にもよるが大半はこのセピア色をしている。私が古物に惹かれるのは、今にないデザイン…質感であり、オブジェ的な感覚でもある。その「美しさ」にいつも感動したく日常の生活道具として身近に置いている。

b0117875_8182846.jpg
色彩で例えるならアナタはセピア色…色褪せる事でいつまでも私の心に感動を与え続けてくれる。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-05-04 09:55 | salvage antiques
favori antiquités Vol6 〜 19世紀 の「涙入れ…」〜
黒い羊 は知らせる…
b0117875_2254681.jpg
科学が解けない疑問…人は何故、涙を流すのか? その問いへの答えを探求した人がいる。。


b0117875_226436.jpg
通常の涙の分泌量は1日平均2-3cc。涙の原料は血液であり9割以上が水で出来ていて、タンパク質、リン酸塩なども含有する。涙腺内の毛細血管から得た血液から血球を除き、液体成分のみを取り出したものが涙で、一般的に弱いアルカリ性の液体である。分泌された涙液は目の表面を通過したあと涙点に入り、涙小管・涙嚢・鼻を経て喉から再吸収される。


b0117875_2263274.jpgb0117875_2271425.jpg













さまざまな刺激によって流される涙には種類があり、なかでも喜怒哀楽による涙を「感情の涙」と呼ぶ。。

b0117875_2282936.jpg
遠い昔から人々は様々な用度の為に入れ物を作って来ました。しかし、この19世紀のガラス容器ほど感情を揺るがすモノは無いでしょう。。それは、涙を採取する為に作られた「涙入れ」…「100年以上もの間、多くの人の涙が含まれてきたかと思うと…切なすぎて、美しすぎて…手放す事をためらってしまう」と、フランスでこの「涙入れ」を探されて来た店主は話して下さいました。私も触れる事さえ、ためらう程に切なくて美しくて。。魅力的な古物は沢山ありますが、物語が潜む(感じる)古物と出会う事は少ない…この「涙入れ」はそんな感情を揺るがす古物の一つと言えましょう。。


b0117875_2291654.jpg
体温を感じるガラスとは違う、冷たい表情のクリスタル…打ち上げられているのは「地の果て」と呼ばれるブルターニュの最北西部Finistère(フィニステール)で拾われた小さな小さな巻貝。荒波が岩壁を叩きつけるFinistère「地の果て」で似合わぬ色彩豊かな巻貝からはそれぞれ波の音がこだまする。それは、切なさを和らげてくれる「涙」と似ている。。


b0117875_2285717.jpg
LIBRAIRIE6/シス書店で手にした「涙入れ」をしまうケースは後で探すか作るか、今はまだ手にする事でやっとだから…


b0117875_2293199.jpg
また、その時に。。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

そして、、、
by roshi303 | 2011-04-05 08:23 | favori antiquités
Pichon Uzès 〜 光溢れる思い 〜
b0117875_9103753.jpg昔、騎士ルドルフはドナウ川の岸辺に咲くこの花を恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くし花を岸に投げ「Vergiss-mein-nicht!(僕を忘れないで)」という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え彼の最期の言葉を花の名にする「勿忘草」は他の国々でも同様の名前が付けられている。花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」もこの伝説に由来する…


b0117875_22554239.jpg




b0117875_22554986.jpg南仏、Languedoc-Roussillon

フランスのトスカーナとも呼ばれ

フランスで最も美しい街並み

「Uzès」~光溢れる芸術の街 〜

その地で1802年創業し、200年もの間

家族経営を貫いてきた「Pichon」

上質なリモージュの土を使い

高温でしっかりと焼かれている。。

手作業で編み上げられた

corbeille(バスケット)は

Pichon家に嫁いだ女性のみが

編むことを許されるといいます。。

勿忘草を思わせる小花の装飾は

可愛いさの中にあって力強さが感じとられます。。




b0117875_2256824.jpg
同じく「Pichon」のオクトゴナルのデザート皿は使い勝手の良い大きさから使用頻度が高くテーブルに毎朝の様に並びます。小振りながらに厚み、重厚感があり、このお皿にも熟練された職人の温もりが残されている。。



b0117875_22564439.jpgb0117875_22565423.jpg













底には「Pichon Uzès」と刻印が彫られ、コンポティエにはFAIT MAIN (手作り)の刻印も彫られている。現在7代目となる「Pichon」は今も変わらず上質な陶器の生産が続く…であるとすると、このcorbeilleが作られたのは4〜5代目に嫁いだ女性が編んだものだと推測されます。Pichonのcorbeilleには母の手仕事、温もりが忘れ去られる事無く残されている…
b0117875_22571281.jpg
美しさが溢れてくるかの様に…手作りで編まれたコンポティエの装飾「勿忘草」は今も語りかけている。。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-04-05 07:56 | salvage antiques
favori antiquités Vol4 〜 Demitasse Cup 〜
b0117875_23551658.jpg




b0117875_7333757.jpg朽ちる事無く

捨てられる事無く

忘れ去られる事も無く

遠き昔から残されて来たモノ。。

モノに命があるとするならば

それは理由なのかもしれない

小さくともそのモノが放つ存在感

周りの空気を変えてしまう程の力に

器の大きさを感じる

一口の為に生まれて来たデミタスカップ

幾度と放たれた

飾り多き言葉より

一言の重たさに戸惑い

その理由を考える。。




b0117875_23565072.jpg



b0117875_7574636.jpg
それは遠い昔、Franceは1790年代のデミタスカップ…


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-03-26 23:58 | favori antiquités