救われしモノの美しさ…
by roshi
カテゴリ
profile & contact
salvage poésie
salvage antiques
salvage garden
flower file
fruit file
Napoléon III Style
gateaux
room
shop
other
mobile
You Tube
Bon Chic
NEWS
Style
favori antiquités
Cat
picture collection
Photo
event
Recette
instagram
Amélie
nature aquarium
タグ
(48)
(33)
(31)
(30)
(28)
(27)
(22)
(22)
(19)
(8)
(8)
ライフログ
フォロー中のブログ
gyuのバルセロナ便り ...
clear water
 フランス生活便り
Bonjour ! un...
クチュール感覚のビーズビ...
トスカーナ オリーブの丘...
FOUND ONE
ヒトは猫のペットである
petit clos プ...
猫と紅茶
フランス古道具 ウブダシ
la forgerone
souvenir/un ...
papillon bleu
Cafe shibaken
My dear Person
pour toujours
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
黒い羊 = oveja ...
~petit* jard...
満月アンティーク
to-go
ちりめん戯縫
STELO INDUSTRY
チャノマ。
from FOLIAGE
+deja+
針仕事職人の気ままな仕事場
Venus World
salvage anti...
陰翳の煌き
Happy Fhoto
古道具ときどき猫。
flower living
seraphim.dia...
milly.b
la-maison-an...
millenautique
Vie tranquille
静かな音楽
ROSE DECO
L'Ambiance d...
La Maison de...
美しいもの。美しい人。
Li f e l o g
ODORANTES fl...
うつり
LIBRAIRIE6/シス書店
カリフォルニアで彩食健美
natu * 素...
autumn rose
Linohomeworks
Choisir!c'es...
latte di luna
la vie a la ...
ばらぐいね
検索
ファン
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
タグ:Wood ( 27 ) タグの人気記事
EGG STAND
b0117875_7484359.jpg
Trompe-l'œil(トロンプ・ルイユ)騙し絵の中の螺旋階段の様にどこかで見た様な一日が繰り返され過ぎて行く…その階段を途中で休んでも、走っても、階段は歩けなくなるまで続く…問題なのはその階段が上りなのか下りなのかという事…


b0117875_7495429.jpg
当り前のように繰返される朝食と共に。。。(親愛なるEGGよ立上がれ!そして、階段を昇れ…)



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-12-29 07:56 | salvage antiques
DRAWER
b0117875_5462049.jpg
色付く木々…木々が織り成す四季の情景。。朝晩の冷え込みが冬の再来を予感させます。




▷Bill Evans-My Foolish Heart




b0117875_542519.jpg木から作られた家具はどこか温かみを感じ

無意識に、冬を迎え入る緊張感を

解きほぐしてくれるかの様です。。

Industrialの目的で使われて来た

木箱によって構成されたフランスのdrawer

その箱が過ごして来たと思われる環境と時の経過は

今そこにあるその姿から読み取る事が出来ます。

工場で使われてきたdrawer

セカンドライフ(余生)を寝室で働く事になるとは

drawer自身も予想もしなかったでしょうね。。

永い年月を過ごす木々であれば四季などは

日々の中で繰り返される晴れや曇りの様なもので

姿を変え、新たな目的として生きて行く事が

人の感じる四季に似たモノなのかも知れません。。




b0117875_5465088.jpg
移り行く四季それぞれに温もりを感じ続けたいモノですね。。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-11-10 10:55 | salvage antiques
塩と胡椒
b0117875_22105629.jpg
強力な殺菌抗菌作用が知られてる胡椒。。冷蔵庫などない中世ヨーロッパにおいて、料理に欠かす事が出来ませんでした。食料を長期保存するために大航海時代に極めて珍重されたそうです。その時代の影響を受けた様々な料理は今日でも変わらず沢山の料理に使われています。塩は。。地球上の多くの生物が塩分が無いと生命を維持することができなく、生命にとって欠かせないものである事が分かります。塩もまた抗菌作用に優れ、胡椒同様に食料の保存に役立ちます。。

b0117875_7335665.jpgb0117875_7341939.jpg













天秤のカタチをした塩胡椒入れは南フランスの卓上で使用されていたモノ…オリーブの木と黄楊(ツゲ)で作られていると思われます。塩胡椒の匙加減は料理を大きく左右する大変重要で慎重な事ながら、毎日の調理の中で繰り返されています。少量でありながら大きな存在感、繊細な塩と胡椒のバランスが料理という舞台を大きく左右します。当たり前の様に卓上に並ぶ塩と胡椒の容器…天秤のカタチは、塩胡椒の匙加減を意味したモノなのかは私の勝手な想像ではありますが…

b0117875_228249.jpg
b0117875_2284190.jpg









b0117875_2285765.jpg









b0117875_229850.jpg









薄味に仕上げた料理に、一口、一口分の塩胡椒をふるう…

b0117875_22172929.jpg
合理的に考えれば鍋の中で味を調えてしまえば良いのだが、あえてその手前で皿に盛る。一口、一口の味はその都度その都度の一摘みの塩胡椒の微妙な匙加減によって変化する。ピンクペッパーとゲランドの塩を一緒に磨り潰したほんのりと桜色をした塩は優しくまろやかな塩辛さ、もう一方はブラックペッパーをすり潰したもの…すりたてのブラックペッパーは辛さだけではないフルーティーな香りを感じて胡椒は果実だと再認識する。合理的に料理をしていたら味わえない、非合理的ではあるが一摘みの塩胡椒の匙加減が料理を多彩な一皿へと変えてくれました。。。

b0117875_73529.jpgb0117875_7351733.jpg
























天秤はと言うと…選別するという特性から「裁き」のシンボルとされて来ました。古くは古代エジプトの『死者の書』で死者の魂の善悪を判定する場面に描かれ、またタロットの「正義」では剣と天秤を持つ女性として表象されている。
b0117875_7362572.jpg
古物をおかずに…まさに(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-10-25 07:30 | salvage antiques
Bourgogneの木靴
穏やかな日差しが水面を照らしていた。
b0117875_20233380.jpg

二羽のカモが仲良くゆっくりとした時間を泳ぐ姿に、悩み事などに捕われず、今の一時を大事に暮らそうと…

b0117875_20234960.jpg
木靴の1つだけを手にした。何日か経ち気付けば2足が揃っていた。きっとBourgogneの妖精も喜んでくれただろう…


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-09-16 06:59 | salvage antiques
stage
b0117875_2363136.jpg
まな板のステージに心奪われて。。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-08-24 23:12 | salvage antiques
planche à découper 〜 旅する まな板 〜
b0117875_23472960.jpg
先日、足を運んだ骨董市で私が選んだのは何を隠そう。。。planche à découper



b0117875_23474378.jpg
planche à découperとはフランス語でまな板の事を言います(笑)


b0117875_23481723.jpg
南仏はプロバンス地方にある、水と水車の街で見つけた「まな板」は、まな板であって、ただのまな板ではない。。



b0117875_2319184.jpgb0117875_23142086.jpg














b0117875_23111015.jpgb0117875_23111895.jpg













それは、その街の空であり、水であり、空気であり、生活道具として一枚板から削り出された「まな板」には、そこに暮らす人の営み、情景がキャンバスとなって映し出される。。そして、それが南仏の骨董市に並ぶまでの過程…それを彼女が手にとり、この日本へと渡り、今、私の下にある。。生活道具が使い捨てられる昨今、それは捨てられる事無く例え朽ちたとしても、きっと人の手を渡り続ける運命を持つ。。それを「旅するまな板」と呼んでもおかしくはないよね?
b0117875_2348783.jpg
フランス人は、まな板を使わず手先で器用にナイフを使い料理をする…このまな板もさほど使い込まれた形跡は無いものの、固く重量のある木質から、逆にこれからも末永く実用する事が出来そうです…オブジェ的に眺める古物とは別の、今の生活道具として営みに潤いを与えてくれる古道具だと言える。。その使い方は自由であり好きな様に使えばいい…


b0117875_23482629.jpg
日の当る場所にテーブルを動かし夏の日射しで料理を照らす…「旅するまな板」に料理を乗せて楽しむのも自由だよね?



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
旅するまな板の故郷の画像はLINO HOME WORKS  より
by roshi303 | 2011-08-14 00:03 | salvage antiques | Comments(18)
Neo-Classicism
b0117875_759305.jpgフランスはルイ15世の愛した

唐草・貝殻模様など

軽快・繊細・優美な装飾性が特徴である

rococo(ロココ)そして、

軽快で繊細で優美なリボンのモチーフは

「美の紋章」の如く 

様々なモノに装飾されました。

18世紀後期、ルイ16世の時代

この時代以降の「美意識」は

Neo-Classicism(新古典主義)と呼ばれ

ロココの甘さは抑えられ

様々な様式の甘さが抑えられ融合する。。

ゴシック様式の美意識を感じながらも

軽快な印象を受ける

Neo-Classicismな椅子


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-07-28 08:31 | salvage antiques | Comments(6)
薔薇の椅子 〜 Louis XVI 〜
b0117875_2030523.jpg




b0117875_21185446.jpgルイ16世の即位によってフランス王妃となった

Marie Antoinette 〜マリ・アントワネット〜

アントワネットはファッションに浪費はしたが

凝ったスタイルのファッションは好まず

簡素なデザインのものを好んだと言います…

プチ・トリアノン宮では田舎娘の格好を好み

庭はイギリス式で農村に見立てた小集落を作る。

入浴を好んだ彼女は身につける香水の好みも違い

当時、ヨーロッパ貴族が愛用していた

ムスクや動物系の香料を混ぜた濃厚な香りより

バラやスミレの花やハーブなどの

植物系香料から作られる軽やかな香りの

現代の香水に近い物を愛用したと言われます…





b0117875_20443860.jpg
「薔薇の椅子」と名付けられた美しい木彫りの薔薇の装飾と直線で形成されるこの椅子は、古代ギリシア・ローマへの回帰運動に影響されたルイ16世様式で、当時の美意識をNeo-Classicism(新古典主義)とも総称されている。18世紀後期、ルイ16世の時代…アントワネットは間違いなくこの時代の「美意識」を育んだ人物に違いはないだろう。。


b0117875_21275156.jpgb0117875_20422988.jpg













b0117875_20424642.jpgb0117875_2042543.jpg












ルイ16世様式は古典的なスタイルが基調となり、シンメトリーに古典的なモチーフ、脚は溝彫り(フルーティング)が施された先細りの直線脚となる。装飾には、花輪、花かご、月桂樹、植物模様を施した自然が加わえられた。素材はサテンウッド、ウォールナット、ブナ材などで、白塗り金箔押しも使われた。厳正な古典様式の中にも女性的で繊細なディテールが特徴と言える。ロココの甘さが抑えられ、そこには古代芸術の崇高さがプラスされている。アントワネットは、ただのワガママ、贅沢主義だったのではなく、その運命にふさわしい高い美意識と洗練を備えた女性だったのでしょう…
b0117875_20312296.jpg
均等に かごめ編み されたラタンシートは重厚になりがちな木彫り装飾なこの椅子に、軽さと清潔感を与えている。



b0117875_2044494.jpg
優雅な体位振る舞いの社交界とは対照的に自然によって育まれた景色への憧れ…対照的な美しさが混在している。。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-05-17 08:23 | salvage antiques
薬草用のBuisカップ
b0117875_23584576.jpg
Buisとは黄楊(ツゲ)の木の事で、その緻密さから日本では高級な将棋の駒や印材などに用いられて来ました。黄楊の木はBox Wood、Box Treeとも言われ、ラテン語のBuxusの名に由来されます。元々はこの木で作られた小箱をBoxと言い、のちに一般の箱までもがBoxと呼ばれる様になったそうです。昔、フランスの家庭で薬草を潰し混ぜ合わせる為に使用されていたBuis(ビュイ)のカップ…古民家にある台所の棚にはこのBuisのカップが置かれていました。。残念ながら木製の道具は今ではプラスチックなどの普及によって姿を消しつつあります。このフォルムもさることながらBuisの質感や表情は眺めていて飽きることはありません。その他、我家にある木製のエッグスタンドもBuisですが、昨年と今ではまた表情が違って見えます。木肌は姿を変えても呼吸し続けている。磁器や陶器から作られたモノとの違い。。それは命あるモノから作られた事なのでしょう…セカンドライフを楽しんでいる木製のToolに人生のあり方さえも感じてしまいます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-03-09 06:58 | salvage antiques
Butter Plate
b0117875_058229.jpg
木を削り出し作られた道具は、人類が最も古くから使われて来た道具なのかもしれない…


b0117875_0584334.jpg
イギリスから連れ帰ったこのバタープレートは、裏面がストライプに削り出されています。2枚一組でバターを練り、油脂の余分な水分をとって風味を良くしたり模様をつける為であったり、その模様によってバターを塗る時の取りやすさであったり、表面の乾燥を抑える効果など…道具には見た目だけでは無い、様々な意味合いがあるものなのですね…



b0117875_112744.jpg
私は、この木のtoolを小振りなCakeをサーブする時に使用したりパンを乗せたりと、本来の目的とは違う用度で使用していたりします…木製のtoolは割れる事が無く、なんだか気兼ねない安堵感を与えてくれる古き友人と重なります。。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by roshi303 | 2011-02-25 00:53 | salvage antiques